ぼくがブログで書かないと決めている3つのこと

スポンサードリンク

このブログでぼくが書かないと決めていることが3つあります。
これは長年ブログを書いてきた経験のあるぼくが過去の自分を反面教師にして決めていることです。

ただの日記は書かない

ブログ初心者がやりがちなことで、ぼくも10年前に初めてブログを書いたときに盛大にやらかしていました。どういう日記かというと、

  • 今日は11時くらいに目が覚めました、やっちまったー
  • お昼はいつもの牛丼を食べました、ここの牛丼は本当に美味しい
  • それはそうと、最近のソフトバンクはとても強いですね
  • あ、明日のテスト勉強始めなきゃ、ではまた今度

みたいな。一言でいうと、どうでもいい
当時はブログという名前よりレンタル日記というサービスでやってたというのもありましたが、この普通の日記を書いている人がとても多かったです。芸能人だったら、これでも多くの人に支持されるでしょうが、これだと身内以外には全く面白くありません。

こういう日記が昔、多かったのは当時mixiが流行っていて内輪同士の日記としての存在感が強かったというのが無関係ではないと思います。

『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』にも書いてました。日記は「飯が食えるブログ」には成り得ないと。今時の言葉で言うと、スケールできない。

ただ、最近思うのは日記というのは喜怒哀楽が入りやすいので、何度も読みにきてるリピーターにとっては親近感を感じる手法と言えば手法かなと思います。

ネガティブなことは書かない

次に、極力ネガティブなことは書かないようにしています。
具体的には

  • 人の悪口は書かない
  • 愚痴は書かない
  • マイナス思考なことは書かない

これは何かを批判したり、悪口を書いたり、ネガティブな情報というのは、そのつもりはなかったとしても誰かを傷つけてしまうかもしれないからです。たまにわざとネガティブな記事を書いて炎上させることによって、アクセスを稼ぐみたいな人もいますが、そんなのイケダハヤト氏くらいの精神力がないと持ちませんし、どうせ書くならポジティブなことを書きたいですよね。

スポンサードリンク

関連記事:炎上系ブロガーイケダハヤト氏の驚異的な精神力はスゴいと思う

下ネタは書かない

下ネタってのはウケるんですよね、記事自体面白く書けるし、下ネタキーワードってすごく検索されるんです、SEO的にも強い。だから下ネタに走る人は多いし、人気も出るからついつい使いがちな手法なんです。

でも下ネタってのは諸刃の剣で、PVは集めるけど、例えばGoogleAdsenseは下ネタNGなんですよね。ぼくは以前のブログで、Googleから下ネタが含まれているからという理由で広告停止を受けました。当時月1万くらい稼いでいたので、それは困るとすぐに記事を削除したんですが、下ネタを書いてる記事が多すぎてどれを消せばわからない状態になってしまいました。

それで結局、自分が思いつく限りのありとあらゆる、すべての下ネタキーワードを考えて、何十記事も消したんですが、Googleはそれでも認めてくれなくて、下ネタ記事を全部消してくださいの一点張り、どれが対象なのか聞いても全然教えてくれません。たぶん、Googleは機械的なチェックをしているはずなので、まさかこんなキーワードは下ネタじゃないよなと思いつつも、消していくという作業で全部で200記事くらい削除する羽目になりました。

それでもGoogleには認められず、そこから2年近くGoogleAdsenseの停止という憂き目にあったのです。で、2年後に再申請したらあっさり再許可という、なんだそれって結末だったんですが、関係なかった記事も含めて集客力のあった200記事を失うことにより、ブログ自体のパワーも失ってしまい、ぼくはそんな下ネタで痛い目にあったので、下ネタでPV稼ぐなんて下世話な手法はとらないことにしています。

まとめ

以上、ぼくがブログでは書かないと決めている3つのことでした。
ぼくだけじゃなくて、他の人も書かないことをお勧めします。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。