iPhoneアプリのマネーフォワード使い始めて1年になりました

スポンサードリンク

WEB業界8年目のぼくがオススメするiPhoneアプリと言えば、WEAR、グノシー、マネーフォワードです。はい、ベタ。特にマネーフォワードなんですが、最近CMもやっててキャズムを超えた感ありますよね。知り合いもマネーフォワードに転職しました。

マネーフォワード公式サイト

徳井さんの出てるCM

https://moneyforward.com/cm_gallery

マネーフォワードの良いところ

マネーフォワード使ってて便利だなと思うのは、そのままなんですが、自分の資産状況が一目でわかるというところです。複数の銀行口座も登録しているし、使っているクレジットカードも全て登録しています。あとはヤフー、楽天、アマゾンの所有ポイント状況、モバイルスイカの利用状況も登録できます。つまり財布の中の現金以外は全て自動で連携されるため、今自分が総額でどれくらいの資産(って程の額じゃないけど)を持っているかリアルタイムに把握できるところが素敵です。

スポンサードリンク

マネーフォワードの悪いところ

リアルタイムって上で書きましたけど、実際は反映されるのに半日から1日くらいかかるので、反映が遅いなーと思うことが多いです。でも無料プランで使ってるからであり、有料課金をしたら早くなったりするんですかね。まぁ、開発者視点から考えたら、各提携先に1日1回くらいしか情報を取りにいかせたくないですよね。リアルタイムなんてもってのほかです。

革新的なアプリ

本来、こういう企業や団体が全く違うからまとめづらい情報を1つに管理できるというのはかなり次世代のサービスだと思います。最近、引っ越し関係や光熱費関係もまとまんないかなーと思っていたら東京電力が電気家計簿みたいなの出していい感じです。こうやって、いろんな情報をまとめて集約して網羅的に把握できるサービスってのはこれからもっとくると思います。
マネーフォワードについて詳細はこちら

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。