オイシックスが始めた自社便「フレッシュ便」がすごい、朝8時前配送も可能

スポンサードリンク

インターネットの急速な普及によりAmazonやZOZO、メルカリなどECサイトの利用者はますます増えてきており、その影響によりヤマトや佐川といった運送会社は儲かるものの、あまりの需要過多でドライバー不足、ドライバー疲弊が叫ばれている昨今です。一軒一軒、配達して不在の場合は持ち帰って再配達、ダンボールも毎度発生するし、これは全くエコだと言えないシステムです。

Oisixフレッシュ便とは

オイシックスがヤマトや佐川といった流通サービスを使わず、自社が配備したトラックで柔軟に配送するというシステムです。時間帯指定やダンボールのゴミなど、既存の通販事業が抱える使いにくい問題点を克服している画期的なサービスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
■Oisixフレッシュ便について
━━━━━━━━━━━━━━━━

・Oisixフレッシュ便は、Oisixの自社宅配サービスです。
・ダンボールではなく、保冷バッグでお届けいたします。
・置き場所指定も承ります。
・曜日・時間指定は、これまでどおりご利用いただけます。
 ※お時間帯によってはヤマト便でお届けになることがございます。

早朝のお届け指定が可能

通販の配送の問題点って、指定した時間に家にいないといけないということだと思うんですが、その時間指定も朝9時からが開始なので平日の朝に受け取ることってほぼ不可能ですよね。でもオイシックスのフレッシュ便は平日の朝8時前の指定が可能です。

oisixfresh

早朝に自宅の玄関前に置いておいてもらうような指定も可能なので、これなら平日の朝、起きたら届いているみたいなことができてとても便利です。

ダンボールで届かない

通販で地味にめんどくさいのが、毎度溜まっていくダンボールのゴミ。
oisixfresh2
ダンボールは運ぶときには必要ですけど、届いた後は捨てるだけですもんね。でもフレッシュ便では保冷バッグで届くのでダンボールのゴミが発生しません。保冷バッグは次回配送時に返せばいいそうです。また、今日実際に受け取ってみましたが、直接玄関口で受け取る場合は、保冷バッグから出した状態でビニール袋で渡されました。これなら全く手間いらずですね。

スポンサードリンク

場所の指定が柔軟に可能

不在時は玄関前、宅配ボックス、物置、ガレージなど柔軟に置き場所を指定できます。
oisixfresh3
ダンボールではなく保冷バッグなので、ドライアイスが入っており、気温30度でも12時間の保存が可能です。

oisixfresh4

まとめ

ECサイトの発達による流通問題のポイントとしては

  • 時間指定がシビア
  • 不在の場合は再配達が必要
  • ダンボールが大量に発生しエコじゃない

みたいなことがあり、Amazonはドローンで配達なんてアイデアもあったりする世界的な問題だと思うんですが、いまできる現実的な解決策として、オイシックスの自社便はありだなと思いました。

他にはやっぱり時間指定と再配達がすごく無駄だと思うので、ぼくは最近Amazonで買ったときは近所のコンビニ指定にしています。これならドライバーさんも大変じゃないし、ぼくも好きな時間に受け取れます。やっぱり受け取り拠点をまとめるか、置きっ放しにするか、そういう解決方法しか今はなさそうです。

Oisix(おいしっくす)

関連記事:オイシックス殿堂入り『みつトマト』究極の美味しさの秘密
関連記事:オイシックス歴1年のぼくが本当に美味しい厳選食材を紹介します

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。