五反田のダイエット系ジムREAL FIT(リアルフィット)に体験入会した感想

スポンサードリンク
ai

先週末、五反田にあるダイエットジムのREAL FIT(リアルフィット)に体験入会してきました。
というのも2ヶ月後に控えた結婚式のために痩せなければという危機感からお金を払ってもいいという心境になったからなんですが、最初はやはりRIZAP(ライザップ)24/7ワークアウト
といった本格的なダイエットジムを調べていたんですが、やはり高い。

本気ということで一瞬出せるかなと思ったんですが、やはり2ヶ月で20万から30万という大金を出すのはどうしても躊躇してしまいます。ということで、もうちょっと安いジムはないのかなーと探したのがリアルフィットでした。

リアルフィットの値段

RIZAP(ライザップ)24/7ワークアウト
が数十万円かかるのに対して、リアルフィットは2ヶ月で12万円くらいです。

さらに別のプランもあって、そのプランだと月に3万円しない価格です。入会金が1万円で、2ヶ月契約なので結局6万円くらいはかかるんですが、RIZAP(ライザップ)と比べたら激安ですよね。

激安の理由ですが、RIZAP(ライザップ)24/7ワークアウト
はマンツーマンのプライベートジムですが、リアルフィットは基本グループ単位でまとめてめんどうを見られます。その分、きめ細かいケアは期待できないですが、結局運動する量が同じならそこら辺は妥協できるところでしょっていうのが売りのようです。

あとは建物自体が実際そんなに広くなくて、施設にあまりお金をかけていないんだろうなーという印象は受けました。CMとか広告宣伝費もかけていないので知名度も低いですよね。その分、安いというわけです。

実際体験したみた感想

で、実際訪問して30分程度カウンセリングを受け、体脂肪を計ったりし、簡単に運動の内容の説明を受けました。運動の説明は実際、ジムでマットレスを引いて軽く動きの練習をしてみるのですが、正直この時点で若干息が上がっていました。

内容としては簡単に言えば

                    

  • スクワット
  • 腕立て
  • 背筋
  • 腹筋

とまぁ、基本中の基本です。

こんなん家でもやれるやろって感じの内容ですが、実際はかなりハードでした。
上記の4つを約7分間、ユーロビートな音楽がガンガン流れる中、他の人と一緒に10回ずつ繰り返していきます。明らかに酸素濃度の低い密室の中で無酸素運動と言えるレベルの激しいスピードで上記を繰り返すので、序盤から酸欠になって頭痛がしていました。

スポンサードリンク

Aプラン、Bプラン、Cプランとあるのですが、基本的にはどれもスクワットにジャンプを加えたり、腹筋に重りを加えたりと基本動作は同じです。

そんなこんなで実質30分くらいだったでしょうか、トレーナーの「ファイト、がんばれ!」という声援の中、限界まで身体を痛めつけ続けました。

やりながら思ったこと

そんなきついトレーニングを激しい頭痛の中やりながら、ぼくは思いました。

「こんな無酸素運動を激しくやるより有酸素運動をじっくりやった方が効果あるんじゃないの?ほんとにこれで痩せるの?」

ダイエットのセオリーは食事制限と有酸素運動だと思うんですが、体験してみてどう考えてもこれは激しすぎると感じました。たぶん、この運動自体は痩せることを目的としているよりは、見た目の筋肉だったり基礎代謝を上げるため、そして何よりハードワークをこなしたという達成感を植え付けるためのものだと理解しました。

運動より食事が大事

冒頭でリアルフィットには複数のプランがあると言いましたが、そのプランの違いは食事サポートがあるかどうかです。食事サポートがある場合は2ヶ月で12万円、食事サポートがない場合は6万円です。6万円の場合は純粋に運動トレーニングだけなのですが、それだけでは痩せることはできないという説明がありました。

痩せるためにはどんな食事が必要かと言うと、米、麺類、じゃがいもなど糖質を含むものは禁止、朝は味噌汁だけ、昼は肉と魚はタンパク質だからOK、間食はスルメをお勧めするといった、完全なる糖質制限ダイエットでした。

その説明を聞いて、それだけ完全に制限したら運動しなくても痩せるでしょ。。って思いましたが、高い方のプランだと毎食食事を写メで撮ってサポートに送るとアドバイスをくれるそうです。どっちかというと、それがメインのサービスなんじゃ、と思いました。

夕食はプロテインダイエット

あと12万円のプランだと夕食の代わりにオリジナルのプロテインをくれるらしいのですが、これって普通にこんな感じのプロテインダイエットドリンク
を夕食の代わりに飲めば同じなんじゃないかと思ったり。

自宅で完結って意味だとライザップスタイルプログラムっていうのがあって、ビリーズブートキャンプみたいな感じで自宅で受けることができて、やはりプロテインダイエットドリンク付きのようです。

ビリーズブートキャンプで思い出しましたけど、リアルフィットのトレーニングもビリーズブートキャンプみたいな感じでした。まぁ、あーゆーのを一人だけでやるのはなかなか厳しいので、筋肉を鍛えたいという場合には良いのでしょうね。カウンセリングが付くことで、ちゃんとやらなきゃってモチベーションコントロールもできるでしょうし。

けっこーボロクソに書いたようで、実はまだ入会を迷っていたりします。運動中と筋肉痛のときは後悔するけど、筋肉痛が治り始めると物足りなくなる不思議。

プロテインダイエットにも興味あります。どうしようかなー。






スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。