新年CDTVで垣間見た指原莉乃のバラエティー慣れした対応力

スポンサードリンク

実家でCDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2015 ⇒ 2016を見ていたんですが、そこでAKB48の出番がありました。

新年一発目ということで、升酒で乾杯しMCが西川貴教に2016年の抱負を聞いたあと、AKB48のそれぞれのメンバーにも話を振っていきます。

MC「新年の升酒のお味はいかがですか?」」

まゆゆ「新年の幕開けにふわさしい味です、美味しいです。」

MC「去年はどんな年でしたか?」

まゆゆ「去年はAKB48の総監督のたかみなさんの卒業が決まりまして新総監督がゆいちゃんに引き継がれまして、変化の年になったんじゃないかと思います。」

一旦、聞き逃したものの、聞かれたことにちゃんと答えるまゆゆ、真面目!

MC「なるほど、指原さんはいかがですか?」

指原「非公式ルールなんですけど、総監督の奢りでご飯に行くっていうのがあるんですよ。だから今年はみんなでゆいはんの奢りでご飯に行きたいと思います」

会場爆笑。
この聞かれたことに対するピンポイントの答えである必要はなくて、その場の流れを利用して面白いことを言えば、それが正解だってことが分かってるんです。彼女のこの臨機応変さが数々のバラエティーで磨かれた現場対応力です、だから重宝される。

スポンサードリンク

この後、CMに入るときにも

指原「CMの後もずーっと見てれば、ポロリもあるよ♡」

もう一笑いとる貪欲さ。
横山由依が新総監督かもしれないけど、指原莉乃はエースだなと思いました。

あ、そんなこんなで新年一発目はアイドル論から始まってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

関連記事:ぼくが指原莉乃に圧倒的な親近感を感じる4つの理由

スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。