ITエンジニアのぼくがそれでも東京にこだわる理由

スポンサードリンク

ぼくは九州出身で大学まで九州で過ごし、就職を機に上京してきました。なので根本はすごく田舎者です。前職が千葉にある会社だったので会社の近くに引っ越し千葉に住んでいたのですが、徐々に東京にもう一度住みたいという想いが強くなり、ついに転職までして東京に戻ってきました。

転職してから「なんでこの会社を選んだんですか?」って聞かれることがあって「東京にあったからです。」なんて冗談めかして言ったりしていましたが、半分本気で東京にある会社で東京に住みたかったというのが志望動機の半分くらいを占めていました。

そんな冗談みたいな理由で職場を変えたりするなんて馬鹿馬鹿しいと自分でも思うんですが、ぼくはやっぱり東京がいいよなーと感じるのです。イケダハヤト氏に言わせると、消耗している人間なのかもしれませんが、東京には東京の良さがあるのです。

情報の集まる街

何言ってんだ、情報こそインターネット時代で日本どこでも、世界中どこにいても平等に手に入るじゃないかと言われるかもしれませんが、本当に価値のある情報とはネットで検索しても出てこない情報であり、そういう情報は人と直接合わないとなかなか手に入りません。

例えば、新しい技術に興味がある、こんなことを知りたいと思ったときに、東京では毎日必ずその技術に関する勉強会がほとんど無料で開催されています。東京に住んでいれば、会社帰りにどこで開催されていても15分から20分程度、電車で移動すれば会場に行くことができ、新鮮な生の情報を手にいれることができます。

その情報を得ることにより、知識や危機感や人脈を得ることができます。そういう生々しい情報は地方に比べて圧倒的に手に入りやすいのが東京です。東京の隣の千葉に住んで千葉の会社に勤めているだけでも、相当な情報格差が生まれることを実感しました。

人を集めるのが簡単

東京はとにかく人がたくさんいます。
地方でイベントを開こうと思って100人集めるとなったらそれなりに大変だと思うんですが、東京だとちょっと告知するだけですぐキャンセル待ちになったりするし、どのジャンルでも一定数の興味がある人間がいるため、人を集めて何かをしたい人にとっては、とてもチャンスに溢れた場所だと思います。

成功という結果の基準が同じ数字だとしたら、東京は断然成功しやすい街に違いありません。

スポンサードリンク

AppleStoreが近くにある

AppleStoreは例えですが、飲食店ならあらゆるジャンルのトップクラスのお店、洋服だったらあらゆるアパレルブランドの本店に思い立ってから30分以内に訪れることができます。単純にもう物理的なメリットですが、最新のものに触れるハードルの低さは日本屈指で、圧倒的に便利な都市であることは疑いようがありません。

ぼくは服も好きだし、ガジェットも好きだから、新作が出たときに実物をすぐに触れる環境にとても幸せを感じます。

仕事が溢れている

いやいやいや、最近はクラウドソーシングも一般的になってきたし、場所なんて全く関係なくどこでも仕事ができる時代でしょって感じかもしれませんが、クラウドソーシングは東京でもできますしね。まず、圧倒的に東京は求人数が多いから、スキルがあれば正社員雇用で職に困るようなことはありません。さらに人に会うハードルも低いので、気軽に1時間でも人と会う機会の中で「これできる?」みたいな形で副業的な仕事が発生することもよくあります。

イケダハヤト氏はよく地方はプレーヤーがいないから仕事を創り出すハードルが圧倒的に低いなんて言いますけど、東京は創り出さなくても仕事がそこらじゅうに落ちているので、どれを拾おうか迷うくらいです。

東京オリンピックが控えている

ぼくもいつかは地元に帰ろうかなとか、アジアで働いてみたいなみたいなことを考えることもあるんですが、2020年の東京オリンピックの時にはやっぱり東京に住んで、その体験をしたいなーというものすごい田舎者思考があります。

オリンピックマニアでもスポーツ観戦大好き人間でもないんですが、なんなんでしょう、東京オリンピックを東京都民として迎えたいという謎の想いが割と強めにあったりします。逆に東京オリンピックが終わったらアラフォーだし、真剣に地方移住を考えたりするのかもしれません。

デメリットは

東京に住むデメリットは唯一、家賃が高いことだと思います。よく電車通勤がーとか言いますけど、ぼくは職場から電車で7分の始発駅に住んでいるので完全に通勤はノーストレスです。そういう意味ではお金さえあれば、東京に住むデメリットは簡単に解消できると思っています。

まとめ

とまぁ、それっぽい理由を並べてみたところで、結局のところぼくが東京に居たい理由は楽しいからなんですよね。遊びも仕事も地方にいるより東京にいた方が楽しめることが多いと、今は思っているからぼくは東京を選び続けています。

釣りとか好きだし、車も乗りたいから、子供が生まれたりすると考えも変わるのかもしれませんが、少なくとも今は東京に住むメリットにしか魅力を感じないなーと思うのでした。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。