ブログ始めるならエックスサーバ!なんて嘘、言葉巧みなアフィリエイターに騙されるな。

スポンサードリンク

ブログを始めて3ヶ月、いろんな他のブログを参考のためにみてきました。ブログ始める人の中には無料ブログ(Amebaとかlivedoor)を使う人もいますが、本格的に始めようという人はWordPressが多いです。

WordPressでブログを始めるためには、どこのサーバで始めるかという選定から入る必要があるため、メールアドレスとパスワードだけで始められる無料ブログより若干ハードルが高いです。そこで初心者はググって調べることになるんですが、どこもかしこもWordPressを始めるならエックスサーバがオススメ!って書いてます。

オススメの理由として書かれているのが、エックスサーバは費用が高いけど、その分性能が高いと謳っているところがほとんどです。ディスク容量、転送量、マルチドメインなど初心者がよくわからない部分を数字の高さで説明し、さらにエックスサーバはサポートが優秀、よくわかんなかったら、とりあえずエックスサーバ選んでおけば間違いない!と。

でも本当にそうなんでしょうか、ロリポップ、さくらインターネットは業界でも有名な会社ですけど、エックスサーバって正直よく知らない会社でした。ロリポップ、さくらは簡易的なことしかできないから、エックスサーバって理論も多いですが、なぜその理論でAWSを勧めないのかちょっと理解できませんでした。

その答えは簡単、レンタルサーバーを進めている記事は総じてアフィリエイト記事だからなんですよね。

アフィリエイターがエックスサーバーを推すポイント

エックスサーバーは表示速度が早い?

どのアフィリエイターもエックスサーバーの表示速度を褒めます。でもそんなの選んだプランのサーバスペックよりけりですよね。しかもレンタルサーバって一人で専有できるだけじゃなくて、通常複数ユーザで共有しているから、他のユーザの状況次第です。

エックスサーバーはサーバ1台当たりのユーザ数を制限してるってのがウリらしいですけど、調べたら1台を170人で使ってるらしいですよ。夜間の混雑時にはエックスサーバーは遅いという話もあります。

エックスサーバーの公式サイトでは「1台のサーバーに収容されるユーザ数を一定数に制限する」としていますが、phpとmysql が使えるレンタルサーバー・ドメイン選びのポイント「評判のエックスサーバー(XServer)のサーバー収容人数はどれくらい?」によると1サーバーに170人収容されています。

エックスサーバーの収容人数は同価格帯の他のレンタルサーバーよりも多く、夜間など、アクセスが多い時間帯は速度が遅くなるため注意が必要です。

出典:http://saba.j-shimbun.com/server/speedhikaku.html

エックスサーバーはデータの容量が多い?

エックスサーバーのディスクは200Gあるから安心!ってブログに絶対200Gも必要ないですよね。

一番容量食いそうなのは画像ですが、1枚1Mの画像を仮にアップロードしたとしたら10万枚ですか。備えれば憂いなしと言いますが、でももっと少ない容量でランニングコストを下げて、必要になったら足せばいんじゃないでしょうか?

ディスク容量に関しては大容量である必要は本当にないと思います。

エックスサーバーはMySQLがなんと最大50個まで使える!

もうぜーーったいに必要ないですよ。
例えば結婚式場探してて、「この式場では同じ金額で50回まで式をあげることができます。」って言われてるようなもんです。

なんかMysSQLって何って人にはすごそうに聞こえるんでしょうけど、AWSとか使って自分でサーバ管理すれば、なんでもないことですからね。

99.99%のサーバー稼働率で安定性抜群

99.99%って1年で1時間くらいは落ちる計算です。
これが高いか低いかは置いておいて、さくらもロリポップも99.99%の稼働率を謳っています。

電話サポートがある

さくらもロリポップもありますね。

メンテナンスの連絡が都度ある

そりゃあるでしょう、どこのサービスでも。

よくよく検証するとエックスサーバーが特別秀でているところはない

というわけで、巷のアフィリエイターがエックスサーバーを推す理由を1つ1つ検証していくと、エックスサーバーでなければいけない理由なんて1つもないことが分かってきます。

スポンサードリンク

でも長文でそれらしい数字を挙げて、ここのサーバは素晴らしいですとまくし立てているブログばかりなのを見ると、そういうもんなのかなと契約してしまう人もいるだろうなと思いました。別に、実績もあるし、悪いサービスだと言いたいわけではなくて、普通に使えるんだと思うので、使いたい人は使えばいいと思います。それだけです。

なんでアフィリエイターはそんなにエックスサーバーが好きなのか

エックスサーバー大容量無制限レンタルサーバーのアフィリエイト成果報酬を調べてみました。
1800円(税抜)~100GBの大容量。無制限レンタルサーバー【X2】

成果報酬 1クリック1円
サーバーの成約4762円

この高額な契約成果報酬のために、エックスサーバー、エックスサーバーと連呼しているんですね。
で、おそらく、この高額な契約成果報酬の原資はどこから回収しているかというと、冒頭に述べました少し高い契約費用からなのだと思います。



どこを選ぶのかはユーザの自由だし、別に納得して使っているなら、なんら問題はないんですが、アフィリエイターはエックスサーバーが本当にすごいサービスだと信じてて発信しているのか、それともすごいかどうかはどうでもよくて、高額報酬だからすごそうに書いているのか、その辺が少し気になりました。こういうのってアフィリエイトの闇ですよね。

その他の安いレンタルサーバやクラウドサービス

エックスサーバー以外だったらどこを選ぶかというところですが、やっぱりロリポップとさくらインターネットが無難なんじゃないでしょうか。もし、少しでもWEBの裏側に興味があったり、進路としてWEB界隈を考えている、もしくは今働いているなんて人には少しハードルは高いですが、断然AWSがお勧めです。
と言ってもそんなに難しくはないです。

AWS – Amazon Web Services

AWS – Amazon Web Services

チュートリアルや、解説ブログもググればたくさんあります。
チュートリアル: Amazon Linux を使った WordPress ブログのホスティング
何がいいって、サーバを立てるのも自分だし、当然root(管理者)権限も手に入るし、全てが自分の思うがままに使うことができます。レンタルサーバとは雲泥の差です。

しかも低スペックから始めれば、今なら1年間無料枠で使えます。
あとでPVが増えてきたらいつでもスペックをあげることができます。

なんでみんなもっとWordPressのインストールにAWSを勧めないの?
答えは簡単、AWSがアフィリエイトやってないからです。

「ロリポップ!」レンタルサーバー

ロリポップとさくらインターネットはWEB界隈では超老舗で抜群の安心感ですね。
ロリポップ!



『さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバ』

レンタルサーバさくらインターネット

アフィリエイトって・・・

ぼくもアフィリエイトやってるのでなんとも言えないですが、アフィリエイトがあるが故に、ちょっと歪んだ情報も氾濫することもあって、インターネットの難しい一面ですね。でも少なくとも嘘は書きたくないなと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。