いい出来事

今週は結局、一度も日付が変わる前に家に帰ることなかったのでさすがに今日は疲れを感じました。でも、そのおかげで今期分の開発は全て完了し一応、残り一週間あればリリース作業とドキュメント整理くらいは終わるだろうという目途が立ったのでだいぶ楽にはなりました。ボーナスもそこそこもらえそうです。

そして今日はもう一ついいことがありました。
実は今、社内で初のビジネスモデルコンテストなるものが開催されていて、優勝すればボーナスの何倍もの賞金と事業化のチャンスを貰えるという素敵な企画です。もちろん、ぼくもエントリーしたのですが今日発表された書類選考結果で倍率7倍を見事勝ち抜き、二次選考へと進めることが決定しました。しかも、複数エントリー可能なので二つ出していたのですが、どちらも通過ることが決まったのです。正直エントリー数むちゃくちゃ多かったので、社員による投票で決まるのですがちゃんとした評価を受けるのか心配だったのですが、やはりイイものはイイのだと我ながら自分の能力がエンジニアより企画よりだと再認識しました。でも技術の分かる企画になりたいのでこれでいいのだと納得することにしています。

二つのアイディアのうち、一つはぼくが所属する部門のものですが、もう一つはやはり一番関心のある農業についてです。この数ヶ月間、かなりいろんな農業関係者と会ったし、調べたりもしていたので強力な企画書となっていたし自信もあります。コンテストの優勝賞金はどうでもよくって、ぼくはこれを世の中に出して農業を改革していきたいと強く思っています。

その方法にはいくつかあると思うんですよね。一つはビジネスですから、やはり自分が起業するという手段です。そうすれば自分の好きなようにできます。でもそれには金と人がたくさん必要で明らかに大変です。もう一つは、こせがれのような志を共にするNPO法人に全面協力するという参入方法です。これならマンパワーは比較的現実的に得られますし、農業を改革するという本当の目的はそういう団体でこそ実現できることなのかもしれません。

でも一番簡単で確実なのは、絶対にうちの会社でこのビジネスを始めることなんですよね。もちろん優勝することは難しいのは分かってるけど、そこまで行って会社の協力を得ることができれば非常に容易く日本の農業に大きなインパクトを与えることができます。システム構築や営業努力は必要ですけど、会社にはその力と余裕があります。

だから、ぼくはどうしても本気で優勝を狙っていきたいのです。でも次のプレゼンの倍率は10倍以上で難関そうです。他にも農業関連の企画あったし、どちらかというと冷やかしのつもりで出した自分とこの部署の企画の方がライバルがしょぼい企画ばかりだった上にやはり自分の部署の社員が投票するから実際有利なので、もしかするともしかする可能性があります。その企画で部門優勝して、実際にサービス化されてもあんまりうれしくないんですよね・・・。まあ、自分が考えたサービスが実現したらそれなりに感動はするんでしょうけど。

まあ、そんな感じで女の子に出したメールは返ってこないし、今週いろいろ大変だったけど、最後にいいことがあったので結果オーライです。そーいえば明日はぼくらがやってる社会人交流会の第五回なのですが、社会人になって幹事的な役割をよくやる中で、メールの返信がないのとドタキャンだけは器の小さいぼくをけっこーイライラさせています。そりゃーお互い、いろいろ忙しいのはよく分かるけどリアクションがないのとか、前日になって返事をするのとか、相手が困るかもしれないということもちょっとだけ想像して欲しいなと思ったり、自分が逆の立場だったら気をつけようと学ばされることも多々あります。以上、今日のよかったことと愚痴でした。

コメントを残す