お尻が痛い

地震から一週間。
この一週間は仕事は地震対応でバタバタしてたり、計画停電の影響や東京大停電の恐れから早く帰宅するように命令が出たりと非日常的な毎日でした。期末期初のスケジュールも白紙になり、4月からの内示もまだ出てないし、本社機能関西移転の噂もどこからか聞こえてきたりと、会社も混乱しています。

そんな中、先週末の土日は仕事のせいで買ったばかりの自転車に乗ることができなかったので、昨日と今日はばっちり乗ってきました。ぼくは地震の一週間前に自転車買ったわけですが、地震が起きた直後から帰宅難民の方達が自転車買いまくったおかげで自転車が品薄になってるらしいですね。品薄になる前に買えてよかったと思いますが、さすがに10万近くする自転車は衝動買いしないかもしれませんね。

昨日は、ついに埼玉の畑まで自転車で行ってきました。
ぼくが住む練馬から埼玉の新座までは、北西におよそ15キロ程で、まあそんなに遠くないので下手したら30分くらいなんじゃねーと甘い気持ちで向かったのですが、方向音痴で有名なぼくはなぜか途中、標識に荻窪や吉祥寺が出てくるところまで行ってしまい(つまり南西の方)、西しかあってねーよと思いつつ、片道2時間もかかってしまいました。

2時間、自転車を漕ぐとまだ初心者なのでけっこーシンドかったです。しかもついてから何するかって言うと、畑仕事ですからね。クワ持って畑の土を耕してました。さらに帰りは収獲した大根や人参、ブロッコリーなどを大量にリュックに詰めて重量UPで同じ道程を帰宅です。正直、ちょっと心が折れそうになりました。

帰りは、割と線路に沿って帰れば間違いない作戦でなんとか1時間半弱で帰り着くことができました。夏なんて毎週畑にいかないと野菜が育ちすぎて大変なんですが、真夏にこの道程はシンドイなーと思いました。スポーツ自転車ってなんか楽にスイスイ進めるイメージですが、実際は進めるものの、その原動力は自分の脚力に他ならないので筋力がないと有酸素運動でハァハァ言う事になるということに気が付きました。まぁ、日頃運動不足なのでこれから頑張ればなんとかなるだろうと思っています。頑張ります。

途中、印象的だったのは車が路肩に何十台も止まっているゾーンがたくさんあり、なんだこれはと思って先に進んでみるとガソリンスタンドで東京は今、本当にガソリン不足なんだなと、今まではニュースの中の世界でしたが実感しました。並んでないガソリンスタンドは売り切れ閉店ばかりで、スーパーや薬局でもティッシュやトイレットペーパーを持った行列が並んでるし、昔教科書で見たオイルショックのような世界が今現実に訪れています。

さて、そんなわけで自転車を買った日、渋谷から練馬まで乗って帰っただけで筋肉痛ひどかったので、今日もヤバいんだろうなと思っていましたが、今日はそうでもなかったので、今日も自転車で出かけてみることにしました。もしかしたら、筋肉痛は2日後の明日くるんじゃないかと恐れていますが、少なくとも今日痛くないのは事実なので今のうちに酷使です。

実は買ってから何度か自転車乗っていますが、ブレーキの音が「キーキー」うるさくて、なんか調整不足なのではと思って、乗り始めて少ししたらメンテナンスに来るようにも言われていたので、買ったお店に向かうことにしました。

前回帰ってきたときは迷いまくって最終的に練馬行きのバスを見つけて、それを追いかける作戦でなんとか帰りつけたので2時間かかりましたが、今回は最初からルートを決めて基本的に大きな道しか走らない作戦が功を奏し、練馬から渋谷まで1時間で辿りつけました。途中、ロードバイクにがんがん抜かれたりもしたので、もっとちゃんとしたレーシングバイクで脚力もあれば、30分とかで着いたりもするのかもしれませんが、今のぼくには無理でした。

前回、明治通りを使って帰ったのですが、明治通りは車がガンガン走ってる大きな道で、かつ歩道が小さく歩行者も多いので、どこを走ってもかなり恐怖で、街中嫌だなーと思ってました。しかし、今回使った山手通りは、同じく大きな道なのですが、歩道がかなり広くて、さらに自転車専用の道があり、かなり綺麗に舗装されていて、非常に楽に走ることができすごく気持よかったです。

何がストレスって歩行者、他の自転車、車に気を使いながらガタガタの狭い道路をゆっくり走らないといけない状況になると非常に辛いです。何もないきれいな道をスピード出せる状態はいいなと心から思いました。だから、たぶん北海道のツーリングに適した道とか最高なんですよ。

さて、そんなこんなでなんとか渋谷に着いたわけですが、肝心のブレーキですが、ブレーキパッドというものが個体差があって音がなる場合があり、どうしても気になる場合はメーカーから取り寄せになるので、もうしばらく様子をみて2、3週間後にまた来て欲しいと言われてしまいました。他にもワイヤーやタイヤの空気圧なんてのも見てもらいましたが、実質5分くらいで何も解決せず、来たばかりの道のりを帰ることとなりました。最初に電話で確認しときゃよかったかもしれませんね。

まぁ、用事がなければ渋谷まで自転車で来ようと思わないのでいいっちゃいいんですが。。
また2、3週間後に来ようと思います。

帰りも1時間くらいで帰りつきました。
あ、タイトルに書いたこと忘れてましたが、メンテナンスの時に自転車乗っててお尻が痛いんですがと質問したところ、「まぁ、(サドルが)固いですからね。(そりゃ、痛くもなりますよ。)」ってな返答でした。同じ時期に自転車買った同期は、そう言ったらサドルの位置を微調整とかしてもらったららしいんですが、そういうのは関係なくって慣れですって言われました。そんなもんなんですかねー。まあ、実際初日に乗ったときより今はそんなに痛みを感じていないのですが、お尻が痛みに慣れたと言うよりは、痛くない乗り方を自然とし始めたというような気がしています。

それは街中では避けられない歩道の段差だったり、自転車がガクンとなってお尻に衝撃が加わりそうな瞬間にちょっとお尻を浮かせてダメージが蓄積しないような工夫だったり地道なコツです。あとは、痛くなるのは予め分かっているので、最初から足と手にも体重を分散させて、ママチャリのようにどっしりと座らないことを意識したり、ですかね。

それでも何ヶ月も乗って痛い場合は、サドル自体が合ってないかもしれないので、変えてみる(3000円~4000円、ゲル入りの柔らかいやつとかもある)とかいう方法もあって、3つも4つもサドルを変える人もいるとネットには書いてました。

まぁ、てなわけで今週は充実したサイクリングでした。
ボルタリングって言うのかな?
もっといろんなところ行ってみたいですね。
Amazonでライト、しっかりした鍵、空気圧測定器付きの空気入れなんてのも買ったり順調にお金かけてます。今乗ってるのは真っ黒なやつなので、あえてパーツの色を変えてみたり、グリップを持ちやすいやつにこだわったり、のちのちはやりたいですね。そういうカスタマイズとかは自作PCや車にも似てるのかなと思います。マニアックな世界になってきますが・・・、自転車のパーツ専門店なんてのもけっこーありますし。

昨日、テレビでEXILEが出てて、メンバーの一人が自作PCを作ったって話で、MC含めて周りがドン引きしてましたが、ぼくみたいな業界にいると、全然普通なことなので、もしかしたらこの感覚はおかしいのかなとちょっと不安になりました。

そんな感じで、これから、しばらく自転車乗って、環境に優しくエコに痩せていきたいと思います。
自転車通勤できたら、ベストなんだけどなー。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。