お金と時間

バイトにしろ仕事にしろ、お金を得るということは自分の何より貴重な時間を切り売りしていると捉えることができます。貴重な時間を少しでも高く売るために就職活動というものをしているのだとぼくは考えています。

今日はA製薬の履歴書を速達で送った後、ご飯を食べに家の近くのN店に寄りました。ここの定食屋さんはパチンコ屋の中にあるものの、家から一番近くておいしいお店なんですよね。
ご飯を食べるついでに今日は新台入れ替えということでラインナップを覗いてみると、銭型と鬼武者3が12台ずつ入っていました。なんで今更という気もしますが、そーいえば吉宗がなくなってから大量獲得機がパルサーしかなかったので、寂しかったのでしょうか。

んでぼくの好きな麻雀物語の前日明らかに高設定台がノーボーナス60Gで放置されていました。麻雀物語は設定変更されると128G内放出確率50%ということで、念のため128までまわしてみることにしました。
最近学会やら就職活動やらで全く打ってなかったので超久々のスロットです。

すると読みが当たって2000円でヒットしました。
それから4G連も絡んであれよあれよと2000枚出ました。
その後、銭型を見ると150G放置の台を発見。
「銭型は150~180が一番振り分け厚いんですよ~?」と思いながら念のため打ってみるとタイプライターで3連7が止まり、当然のようにBIGで400枚増。

ほんの1時間足らずで4万5千円勝ちました。
これを今やってるバイトでの時間に換算するとなんと、60時間分の稼ぎです。
スロットやってると、時にバイトのむなしさを感じることがあります。
どんだけ時間の安売りしてるんだろうと思ってしまいます。
まあ、スロットは必ず投資が必要ですからリスクのないバイトは時給低くても安定してるところが最大の魅力なわけですけど・・・。

今月はインターンシップ代2回分と、バイト代、スロット勝ち、サイト広告料といろんなところから収入の入ってくる月でした。
時間を売ってお金を稼ぐことはできますけど、お金で時間を買うことはできないというのが世の中の仕組みというか、弱者は常に理不尽な値段で時間を切り売りするしかないんですね。最近、就職活動で時間が足りないといつも思います。

PS
C製薬の一次選考(筆記、GD、履歴書)の結果が届き、合格していました。
次は東京での二次面接で受かれば最終面接です。
インターンシップの前日で東京から大阪へ移動しないといけなくなりましたけど、初の面接ですしこのチャンス逃したくないので気合いれていこうと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。