じいちゃん、ばあちゃん

実家に帰ってるとですね、家にじいちゃんとばあちゃんがいるわけですよ。

彼らは余裕で80歳を超えていて、今年で娘も60になります。

そんな彼らの会話とか発言を聞いていると耳を疑うようなセリフをたまに吐きます。

時はお盆。
8月の15日。
ぼくたちの親族は毎年8月15日と1月2日にぼくの実家に集まりご飯とか食べます。

だから、親戚の中学2年生の女の子とか来てたんですけどその女の子を見てばあちゃんが

「あらー美人になったわねー!ゆかちゃん?」

「えー私、めぐみだよー!忘れないでよー(笑)」

(ゆかちゃんはめぐちゃんのお姉ちゃん。)

「あー、めぐちゃんね。めぐちゃんべっぴんさんになったなー。」

「えーそんなことないよー。」

ちっちゃい頃はへんちくりんな顔してて心配してたけど、今はこんなに美人になってからー。」

一同大爆笑だったからいいんですけどね。

あと毎日オリンピックがあってたんで、さすがに夫婦でオリンピックも見ていたようです。

ちょうど女子のソフトボールをテレビ中継している時でした。

ばあちゃん「あら、これはなんていうやつなの?」

父さん「これはソフトボールだよ。」

ばあちゃん「あら?ソフトボール?それは聞いたことないやつやなー。じゃあ、あの網にボール入れるやつはなんかな?あれはソフトボールとは違うの?」

すかさず

じいちゃん「網にボール入れるやつはバレーボールじゃ。

じいちゃんは基本的に知ったかぶりです。
フォローのしようがありません。

前にMステかなんかでBoAが出てたときに

ばあちゃん「あら、この子かわいいねー。なんて人?」

じいちゃん「この人はABC(えーびーしー)じゃ。

英語で三文字ってとこだけは合ってますよ。

あ、あとAとBは合ってますね。

コメントを残す