たった2分のサウンドカード増設でパソコンの音質が劇的に向上!

こんばんは、たくやんです。

こないだ、Windows8導入とWordPress設定という記事で、自宅PCのSSDとHDDを換装して、Windows8を導入したという話を書きましたが、あとやり残したことはないかなと思っていたら、そーいえばここ数年、スピーカーの調子が悪いなということを思い出しました。ぼくが使っているスピーカーはこれなんですが、BOSEなだけあって値段の割にものすごく音質が良くて気に入っていました。

でも数年前にPCを組みなおしたときに、唯一妥協したのがサウンドカードを使わずオンボードと言われるマザーボード基板上に標準でついてるオマケみたいなデバイスにしていたんですよね。それで音質にはそれ程期待してなくて、AVでちゃんと喘ぎ声が聞こえれば、まぁいいやと思ってたんですが、ここ1年くらいどうも2つスピーカーのうち1か所からしか音が出ていないことに気が付きました。ジャックの差し具合で右からしか音が出なかったり、左からしか出なかったりと、全然実力を発揮できてないことがなんだかなーと思って、そーいえばオンボード使ってるから、もしかしたらサウンドカードを使えば改善するかもしれないと思って調べてみました。

そしたら、意外と簡単に増設できそうだし、値段的にも思ったより(ピンキリですが)高くないので、この際だから失敗してもそんなに痛くないし買ってみることにしました。

それにしても何度も書きますけど、Amazonは本当に便利ですね。ぽちったのが昨夜2時くらいだったんですが、今日届いて増設まで完了することができましたからね。欲しいものが何でも自宅にいたまますぐに手に入る、いい時代になったものです。
増設自体もびっくりするくらい簡単で、マザーボードの空いてるスロットにカチャって差し込むだけ、わずか2分で完了しました。差し込んだ後は、PCの電源を入れてドライバをインストールしてスピーカーのコネクションを差す場所をサウンドカードの方に変えたら完了。イメージとしてはサウンドカードの増設 パソコン初心者講座が参考になりました。

最初、音がでなくて少し焦りましたが、コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→サウンド、から再生デバイスの中に今回増設したサウンドカードが出てきているのでそれを選んだら無事音が出ました。それで、試しにいつものiTunesで音楽を再生してみたんですが、びっくり。狙い通り両方のスピーカーから音が出てきて喜んだんですが、ぼくみたいな音楽にあんまり興味ない素人耳にも分かるくらい音質に深みというか幅が出て、ものすごく音質が改善されてました。Amazonのレビューコメントにもありましたが、たった3000円でこれだけ改善されるんだったら数万円するサウンドカードはどんだけすごいんだという話になります。ぼくとしてはこれで十分すぎるくらいで、コストパフォーマンスは最高でした。

今夜からのAVライフが楽しみになりました。
最近、PCの音の調子が悪いとか、音質を向上させたいとか、オンボード使ってるけど試してみたいという人はめちゃくちゃお勧めです。

コメントを残す