どたきゃん

社会人になってからほーーんとに学生の頃と違うと感じるもの、それがドタキャンの多さです。学生時代は時間なんてどうにでも調整できる部分があったけど、社会人同士の集まりとなると、直前になってやっぱり無理と言われることが非常に多くて困ります。別にデートだったら、ぼくが個人的に落ち込むだけなのでまだいいんですけど、他の組織的な集まりとかを気軽にキャンセルされるとかなり迷惑なんですよね。もちろん、どうしても外せない用事や仕事が入れば仕方が無いし、本人にも悪気はないんでしょうけど出逢いの大学にもこう書いてました。一度断られると理由はともかく「お誘いリスト」の順位は確実に下がります。二度断られると、基本的には「お誘いリスト」からは消えてしまいます。社会人の信用というのは、そんなささいで不確かな繋がりなのだということです。

まあ、それは社会人としてのマナーの話で主に明日の社会人交流会とか近づいてるから最近思うことなわけなのですが、プライベートではまた少し話が変わってきます。昨日、紹介したスゴレンにこんなこと書いてました。

直前にデートをキャンセルされたときのリアクション
【引用始まり】 — デートの前日・・・
「ごめんなさい、ちょっと体調が悪くて、、、明日のお食事について、キャンセルさせて貰ってもいい?」

という恐ろしいメールを受け取ったことはありませんか?【引用終わり】 —

あるあるあるある。
おっそろしいメールですよね。
映画の予約ってクレジットカード先払いで、変更もキャンセルもできないって知ってました?

【引用始まり】 — それは、
女の子のデートに対するテンションは低いから、
キャンセルします。はい、脈ナシです。

体調不良や他の用事などの理由は、
単なる言い訳です。【引用終わり】 —

ですよねー。
そうですよねー。
絶対そうなんですよねー。

事実、ぼくなら絶対キャンセルしませんもん。
たとえ、どんな用事ができようともそっちの方を調整しますもん。

【引用始まり】 — もう一度、ハッキリ言わせてください。
「デートを直前でキャンセルされた場合は、相手のテンションが低いです。現状、脈ナシです。」【引用終わり】 —

物事には優先順位というものがありますもんねー。
それは人によって変わってきますし、現状を冷静に分析するとそういう答えになっちゃいますよねー。
すごく的を得てると思いますが、あんまり考えたくない部分です。
大切に育てようと毎日水をあげてた鉢に、実は種がまかれてなかったって話ですよねー。
花が咲くどころか、摘む芽さえ出てきませんよねー。

でも、たとえ優先度が低いデートであったとしてもキャンセルされる可能性が高いデートであったとしても、最初から何もしないよりは数倍マシなので、予定が不確かだからと初めから断られるよりは最終的にドタキャンされたとしてもチャンスをくれた方がいいのかとは思ったりします。なんかその辺、切ないですね・・・。

社会人になってから初めてリスケという言葉を知りました。

2 件のコメント

  • コメントを残す