どちらかが彼女を殺した

先日は東野圭吾の短編集、毒笑小説を読みましたが、同じく東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」です。推理小説ってそのわざとらしさがあまり好きではないのですが、やはり続きが気になってしまい一晩で一気に読んでしまいました。

典型的な推理小説でしたが、話のとっかかりと展開も毒笑小説に同じような話が出てきていたし、非常にありがちな男女の恋の縺れから起こったお話です。印象に残るのは10年以上前の作品だから、携帯電話も普及していないし、デジタルカメラも珍しそうに説明がされているし、昔って連絡一つ取るのも大変だったんだなーとここ10年の時代の変化を感じさせます。

東野圭吾の小説の書き方ってなんだか泥臭いというか綺麗じゃないんですよね。そこが神秘的な村上春樹や綿密な設計書に基づいた伊坂幸太郎と違うところですが、むしろだからこそ親しみを感じるし好感がもてるのかもしれません。何度も言いますが、推理小説(特に殺人モノ)は明るい気分になれないから、あまり好きではないんですけど非常におもしろかったです。一気に最後まで読んだのは久しぶりでした。

次は、同じく東野圭吾の「私が彼を殺した」を読みたいと思います。これも間違いなく、殺人モノの推理小説なのですがシリーズ(?)として読まざるを得ません。明日、福岡空港にあるといいんだけどなー。結局、大分に帰る途中に1冊、滞在中に3冊も本を読んでしまいました。実家にいる間は比較的時間があって暇だというのもありますけど、ちょっと読みすぎかもしれませんね。

コメントを残す