ばかうまラーメン。

それは去年の夏休み。
ぼくは地元に戻って自動車学校に通ってました。

そこには地元だけあって高校の時の友達も何人か通ってました。
ある日、友達の1人のK君が誘ってきました。

「近くに新しいラーメン屋ができたらしいんやけど行こう!」

と。

「どこにあるん?」

K君「んーわからんけど、あっちのほうらしいよ!」

その友達はすごく適当な人なのです。
顔は美形なんだけど、かなりすっとぼけてるのです。

「なんて名前のラーメン屋?」

K君「えーと、なんやったかなー?なんか今日の新聞に広告が入ってたんよねー。」

「それがわからんとダメやん!」

K君「えーと、あ!思い出した!ばかうまラーメンや!!」

「ばかうまラーメンかー。安直なネーミングやけどおいしんかなー?」

K君「やろ!?絶対うめーちゃ!」

こんな感じで「ばかうまラーメン」を探す旅が始まったのです。

まずはK君の指さすほうに歩いて行きました。

「あ、ラーメン屋!」

K君「ばかうまじゃねーなー。」

なんて感じで探しながら3キロほど歩いたんですけど、見つかりません。

「ねーじゃん!!」

K君「まあ、待て!あ、あそこにちょうどガソリンスタンドがある!道に迷ったらガソリンスタンドやろう!!」

道には迷ってないんじゃ・・。
でも知ってるかも!ということで聞いてみることにしました。

「あのー、すいません。ここらへんに『ばかうまラーメン』ってありますか?」

スタンドA「ばかうま?さーしらんなー。おい、ばかうまってラーメン屋知ってるか?」

なにやら従業員是全員を巻き込んだ大論争になりました。

スタンドB「さあー、知らんなー。」

スタンドC「ばかうま?左の方に新しいラーメン屋できたけどばかうまとか名前じゃなかったようなー。」

結局分からずじまいで御礼を言ってその場を立ち去りました。

K君「あ、駅のほうにできたんじゃね!?なんか地図に駅って書いてた気がする!!」

いまさら言うなよ!
と思いながらも2キロほど離れた駅の方に歩いて行きました。

駅の前まで歩いて行ったけどラーメン屋すらありませんでした。
その代わりに駅の前にタクシー屋(?)がありタクシーがたくさんありました。

K君「あ、タクシーの運ちゃんならラーメン屋の場所わかるやろ!!食べ物のことはタクシーに聞くのが一番!」

とタクシー乗り場に行きました。
そこには缶コーヒーを飲みながらタバコをふかしているたくさんの運転手がいました。

「あのー、ばかうまラーメンを探してるんですけど知りませんか?」

運転手A「ばかうまラーメン?おい、しっちょんか?」

出ました、大分弁。
ここでもたくさんの運転手を巻き込んだ大論争になりました。
しかし、ばかうまの名前は出て来ず諦めかけてたそのとき!!

運転手X「それは、ばかうまラーメンじゃなくてばさらかラーメンやろう!

ばさらかーーー!!

ばかなのはK君でした。
「ばかうま」じゃなくって「ばさらか」だったのです。

運転手A「ああ、ばさらかやったらあっちの方にあるわ!」

運転手の指さす方向は今来たガソリンスタンドの方角!!
さっき言ってた新しいラーメン屋のことかー。
左って言ってたのに右に来たからなー。。

しかも、来た道じゃんー。
来た道にラーメン屋なかったからガソリンスタンドより向こうじゃんかー。
ガソリンスタンドの前とおりたくねえ!

「あ、すいません。ばさらかラーメンでした。」

なんていえねえー。

でも結局そこから5キロ歩いてたどり着きました。。
疲れ果ててたどりついたそのラーメンの味はまさに「ばかうま」でした。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。