やり残しゼロ!の仕事術

会社で雪だ雪だって騒ぎすぎだろ、これだから関東人は(ぼくは九州人)って思っていたら、思ったより積もっていてビビりました。

会社から家まで、ほぼ直通で地上に出ることがないので、家の前で初めて積もっていることを知りました。
これは明日、会社が休みに・・・・なりませんよね、はい。
大学の頃は、JRが止まったら大学が休みという制度だったので年に2、3回は雪で休みになってたんですけどね。九州にいた頃の方が頻繁に雪が降っていたので、東京で雪が降ると新鮮です。先日、北海道に住む友人に電話したら、連日降り続いているらしいです。雪のない冬なんて冬じゃないとおっしゃっておりました。
ぼくは寒いのが嫌いなので東京くらいがちょうどいいです。

さて、今日は22時頃帰り支度をしていると、上司に仕事を振られました。

「これ、明日の朝までにやっといて。明日、会社に早く来てもいいから。」

ふむ、許可をもらったので明日は早めに出社をしたいと思います。
てか、仕事してて思うんですけど、仕事のうち半分近くは割り込み仕事、頼まれ仕事、理不尽に降ってくる仕事なんですよね。3ヶ月に一度、自分のタスクが期首に決定するわけですけど、隠れタスクというか自分の評価に繋がらない仕事が実はいっぱいあって、毎日たくさんやってます。
(今回のは本来のぼくの仕事だったんですが、なにしろ急。)

まあ、そんなのはどこに勤めていても当たり前で、できる人間はサクサクこなしていくんでしょうけどね。
そんなわけで、次回の異業種交流会のテーマである効率的な時間管理術というわけで、予習をしていこうと思い、今日はこんな本を買いました。

【引用始まり】 — 毎日、スッキリ
達成感!
「やり残しゼロ!」
の仕事術60【引用終わり】 —

プロローグには

【引用始まり】 — やることが多いのに、上司がどんどん仕事を積んでいく
割り込みが多くて仕事の半分も終わっていない【引用終わり】 —

と書かれており、まあ、今のぼくにぴったりな本です。
さっそく帰りの電車で半分くらい読んだんですが、ぼくが最近実践していて効果があるなと思っていたことがまさに書いていました。

それは日報を朝、書くということです。
前期くらいからやり始めたんですけど、朝一日の決まっている部分だけでも時間割を作成し、さらに一時間置きに実際やったことを更新していき、一日の終わりに日報管理ツールにそのまま登録するというやり方です。

これは一日の始まりにTODOを意識し、一時間毎に進捗度合いや時間も考えながら仕事をしていくのでダラダラするのをかなり防いでくれます。気がつけば、今日すごく仕事をしっかり集中してやっていたなと思えることが多く、時間管理術として簡単だけど効果があるなと思っていたことです。効果があるなと思っていますが、同時に先月は期首なのに50時間以上残業してて、結局残業頼みなのは変わらないなとも思ってます。先輩は80時間オーバーしてしまう(ペナルティがある)、と言って1月最終日は早く退勤ボタンを押していましたが・・・。押した後も仕事してましたが・・・(ホントはダメ。)

まだ、半分しか読んでいないので読み終えて、自分の感想と共にもっと効率的なできる仕事術を身につけ、次回の交流会ではシェアできればと思います。やっぱりこういう、どんな業種や職種にも共通する仕事のテクニックやノウハウは、コアの部分であり、共有することにより気づきを得られたりすることだと思いますので、交流会に価値を持たせるという意味で続けていきたいですね。

そんな異業種交流会LA(LifeAssociate)は次回2月13日に開催されます!
以上、宣伝でした(笑)今回の参加は限定30人!

そのうち、自分の本の宣伝とかしてみたいなー。
ぼくの夢の一つは本を書くことなんですよね、それもできれば小説家になりたいのです。
その話はまた今度。

コメントを残す