イチローがソフトバンク傘下へ

先日ヤフーがバリューコマースを買収という記事を書きましたが、このバリューコマースの大株主にあのイチローがいたそうです。

【引用始まり】 —
イチローがソフトバンクの傘下に!? といっても、プロ野球じゃなくて、今、話題となっているM&A(企業の合併・買収)のお話。ソフトバンクの子会社でインターネット業界の雄「ヤフー」が先月28日、ネット広告会社「バリューコマース」(東京)を総額109億円で買収することを発表したが、この会社、なんとマリナーズのイチロー(31)が大株主のひとりなのだ。(夕刊フジ)
【引用終わり】 —

バリューコマースはアフィリエイトの世界では知らない人はいないくらい、有名な会社ですけど一般的には無名の会社です。
社員の数も150人程度と決して大きな会社ではありません。
この小さな会社になぜイチローが出資をしていたのでしょう。

イチローがバリューコマースに出資をしたのはメジャーリーグに行く前のことで、まだオリックスの選手だった頃のことらしいです。
バリューコマースの社員の1人がイチローと知り合いで、イチローもネット業界の投資に興味があり、投資となったそうです。
当時イチローが無名のベンチャー企業に投資したと噂になっていたそうです。

イチローの出資額は数億円と言われていて、バリューコマースの大株主の1人だったわけですが、今回ヤフーが100億円以上出して子会社にしてしまったわけです。
イチローも株に興味があったのですね。

関連記事:ヤフーがアフィリエイトに進出

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。