イラクで人質

【バグダッド=岡本道郎】カタールの衛星テレビ「アル・ジャジーラ」は8日午後(日本時間同日夜)、「サラヤ・ムジャヒディン(戦士旅団)」と名乗る組織が日本人3人を拘束したと報じるとともに、拘束した3人の様子やパスポートを写したビデオ映像を流した。
 この組織は、自衛隊が3日以内にイラクから撤退しなければ3人を殺害すると脅迫しているという。(読売新聞)

今日の臨時ニュースで入ってきました。
これはかなり大変なことですよね。

日本政府は「テロには屈しない」と散々言ってきたし、そう簡単に自衛隊を撤退させるようなことになれば、もう二度と自衛隊をイラクに派遣することはできなくなるでしょう。同じことが起きるだけでしょうから。

しかし、だからと言ってこのまま人質の三人が殺されることになったりしたらそれこそ大問題です。政府の判断が批判されまくって小泉総理の進退問題にまで発展するかもしれません。なにより、人質になった人がかわいそうすぎます。

これは非常に難しい問題ですよ。
今のところ政府は自衛隊を撤退する理由はないと宣言していますが、どうなるんでしょう。現段階の判断としては間違っていないと思いますが・・。

これから注目していきたいと思います。
人質の無事を祈りたいと思います。

コメントを残す