イラクで人質パート2

そーいえばもうひとつどこかでブログをレンタルしようかなーとか思っています。そこのテーマはニュースとか社会的なことについての意見を中心として、こっちはおもしろ日記を目指していきたいなーとか思っています。

今までいろんなレンタル日記をみてきましてけど、はてなダイアリーがお気に入りです。でもあそこはあんまりニュースサイト的には使いにくい気もします。。

まあ、それはおいといて今日は社会的な問題についてここで考えます(笑)

イラクでの人質事件はまだ続いています。

一刻も早く人質が救出されることを望みます。
これは誰もが思うことでしょう。

しかし、そのために自衛隊の撤退はできないとぼくは思います。
ぼくはもともと自衛隊は派遣すべきでないと思っていましたけど、一度派遣した以上は撤退するべきではないと思います。
しかも、人質をとられてその解放条件としての撤退なんてあってはいけないことだと考えます。
ここで撤退したりしたら、現地の日本人は格好の標的になります。人質事件は立て続けに起こり、金を要求されたりもっと無茶な要求をされるのは目に見えています。
「人質を取れば日本は言うことを聞く」こう思われるわけにはいかないのです。情に流されてるだけでは、国のリーダーとして失格なのです。

人質の人たちには助かって欲しいけれど、それは他のなにか別の方法であることがベストだと思います。もっともそれがなにかわからないから政府は困っているのでしょうけど。

しかし、三日たち究極の選択として撤退という形を取ったとしてもそれはそれでOKだと思ったりもします。人質の人たちが死んだりしたら自衛隊どころではなくなってしまいますから。
とにかく現段階で撤退はないと表明している政府の対応は支持したいわけです。最終的に撤退することがあったとしても、それは今ではないのです。

ところで、それより疑問をもっているのは家族の対応のほうです。

「早く自衛隊を撤退してください。」

こればっか家族は要求して政府を責めていますね。
自分達を北朝鮮の拉致被害者と重ねてしまっているのではないでしょうか。

拉致被害者とは立場が全く違うのです。
普段の生活をしていて事件に巻き込まれるのと、危険だということを自覚して危険なところに行って巻き込まれているのとでは世論の感じ方も全く違います。

それなのに政府が悪い、自衛隊を撤退しろの一点張りなのは気になります。世論はそんなには味方していません。

「けさはニュースで米国の特殊部隊が現地入りしたと聞いたが、私たち家族としては『冗談じゃない』という思いだ。米国離れしなければ、事態の解決は望めない。火に油を注ぐようなことはやめてほしい」

今の現状でアメリカに頼る以外の解決策があるのでしょうか?
どんな手段でも助かって欲しいと望むべきではなのでしょうか?
まるで自衛隊の撤退が目的であるかのような発言です。

それではイラクの人質犯人と言っていることが全く同じです。

だいたいアメリカの特殊部隊だって人間なのです。
自分達の家族のために命をかけてくれようとしているものを批判してどうするのでしょう。

普通なら
「テロリストは許せない」
というべきところですが
「日本政府は許せない」

というのはどうなんでしょうと思うわけです。
怒りの矛先を政府ばかり向けても筋違いなのです。

そんなことを思うわけですが、なんとか早期解決を望みます。
自衛隊を撤退させずに、人質も無事であってほしいです。

————————————————
追記3時9分

人質を24時間以内に解放するという情報が入ったらしいです。
よかったですね。
撤退宣言もせずに無事に戻りそうです。
今後の注目は家族がどんな発言をするかですが、とりあえず無事に帰還してからですね。無事に帰ったんだったら、いちいちメディアに出て政府の対応批判なんてしないで欲しいですね。
それにしてもテロリスト一体なんなんでしょうかね。
撤退しなければ殺すと言いながら、実際撤退しなかったら解放しちゃうんですね。「国民は撤退するよう圧力をかけてほしい」ってなんて優しいテロリストでしょうか。
人質取って殺すなんて言っておきながらそんな頼みごと誰が聞くんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記2 4時16分

てかありえん。
テロリストのファックス
「日本の首相は人質の命を軽くみた。」
だって。自分達は生きたまま殺すつもりだったくせに。
「私たちはこの3人の命を 日本政府に代わって守る」
もう全く意味が分かりません。

コメントを残す