ウイルス流行

今日ちょっと学内でコンピュータウイルス感染騒ぎが起きました。
まず最初はうちの研究室でなんですけど、先日新しくきた留学生モニールさんが、研究室の共用PCにフラッシュメモリを挿したところ、PCに入っているウイルスバスターがウイルスを検出したという警告を出したので感染が発覚しました。

ウイルスの名前はWORM_RONTKBR.GENです。
詳しいウイルス情報はウイルスデータベース で見れます。
どうやらメールの添付を装う(送信者偽装機能あり)、フラッシュメモリや外付けHDDなどを介して感染するようです。
感染するとレジストリを書き換えて、深刻なダメージを与えるようです。

問題は元々の感染源ですけど、そこが分かっていません。
モニールさんが海外から持ってきた可能性も考えられましたが、共用PCを使うのは今日が初めてじゃないみたいなので、昨日今日のうちにどこかで感染した可能性が高いです。

そんな中M研究室の友達からM研究室のPCが全部ウイルスにやられたという電話がかかってきました。
聞いてみると、M研究室のウイルスも全く同じWORM_RONTKBR.GENだそうです。学内でなぜか分かりませんけど、同じウイルスが流行しているみたいです。
しかもM研究室のPCはウイルスバスター入れてたにも関わらず感染したみたいです。
ぼくもAVG使ってますけど、ちょっと不安なのでウイルスバスター最新版入れてみました。
今のところ問題はないようです。

この卒研発表が明後日に迫っている中でPCが使えなくなったりしたら痛いですね。
明日は卒研発表のデータをそれぞれの教室のPCに全員が移したりもするので、もしウイルス対策を怠ったPCであれば連鎖的に感染が広がったりするかもしれません。
まあ学校のPCだからウイルス対策は万全だろうとは思いますけど・・・。

ところで今回のウイルス騒ぎで、研究室のNさんはなんとPCを買った時に入っていたノートンの2002しか入っていないことが判明しました。
今やウイルス対策なしで、ネットワークに接続すると平均20分でなんらかのウイルスに感染すると言われている時代に、超無防備です。
まあウインドウズアップデートやSP2がしっかりしてれば、即効問題が起きるわけじゃない・・・・のかな?
正直NさんがSP2をちゃんとインストールしているのかどうかも知らないし、怪しいと思っていますけど。。

まあそんなわけで、ちゃんとウイルス対策はしておきましょう。

コメントを残す