エンジニアとしての能力

誰しも最初からできる人はいないと思いますが、誰しも続けていれば成長するわけです。
最近、エンジニアとして成長するために必要な要素は何かと改めて考えてみたのですが、3つあるような気がします。ここで言うエンジニアとは主にWebエンジニアのことを指しています。

エンジニアの能力=集中力×センス×労働時間

+ではなく×です。どれかが少なくてもダメでこの3つの相乗効果により能力(実力)が飛躍的に伸びるのではと思っています。

■集中力
どんなに頭のいい人でもうわの空でダラダラやっていては何も身につきません。

■センス
これはある程度のところまで行ったところで出るのではと思いますが、初めからスイスイできる人もいるわけで、向き不向きとも言えるかもしれませんが、センスのあるなしもある気がします。

■労働時間
これは身も蓋もないかもしれませんが、人が伸びるときには最後はどれだけ時間をかけたかに大きく左右される気がします。センス抜群な人が高い集中力を意地して長く働けばそりゃ成果もでるし、成長できるだろうという感じですが、結局最後は今までどれだけ長い時間、それに時間を費やしたかが勝負になってくるのではないでしょうか。

 

これはほんとに当たってるんじゃないかなーと最近よく思います。

どう思います?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。