キャリアチェンジとブログ

今日は会社の農業プロジェクトで最初から一緒に仕事してた人の送別会でした。ぼくが入社してから一体、何十人知ってる人が辞めたか分かりませんが、やっぱり身近な人の退社(うちでは卒業と呼ぶ)は寂しいものですね。

辞める理由は自分をもっと厳しい環境に置いて成長したいだったり、年収UPだったり、まあ人それぞれですが、皆何かしら不満を感じているからこそ辞めるわけです。

ぼくも自分の目指すキャリア、将来のビジョンのため転職を考えているわけですが、それでも新卒最初の会社で今の会社に入ったのは本当に良かったなと実は思っています。

今の会社は何しろサービスが大規模なんですよね。
ぼくの今の仕事は運用がメインですが、世界最大規模のサービスの運用経験というのができたというのは相当ラッキーです。他のどんな会社に行ったとしても、今のレベル以上というのはまずないですからね。1秒間でもサービスを落とさないというプロ意識、負荷分散やキャパシティ管理、可用性向上など、学ぶことは本当に多くこのレベルでの勉強というのは個人では到底無理です。これは今後どんなキャリアを歩むにしてもかなりのプラスになることと思っています。

さらに運がよかったのは、素人でこの業界に入りましたが、開発経験もそこそこ積むことができたことです。ぶっちゃけ、口では偉そうなこと言っても、いざとなった時に自分で作れる人というのは強いです。うちのチームには運用経験しかなく、開発言語のことはさっぱりという人も多いのですが、ぼくはそれなりに開発もやったのでソートコードを読むことができるようになりました。これは今後の自分の仕事の幅を広げることができるようになったし、強みとなることでしょう。

そして一番よかったのはエンジニアとして入社したのにも関わらず、ビジネスモデルコンテストで優勝をきっかけにサービスの立ち上げに関わることができたことです。真剣にやったからこそ、得られた経験ですが、これは相当な武器となると思っています。元々、サービス企画をやりたくて、そのためにエンジニアの経験を積んできたという面もありますが、実際自分の意志でアドバンテージを獲得し、普通じゃできない経験を積むことができたのは確実にぼくの財産です。

だから、この3年間というのは決して後悔はしていません。
辞めるんだから、失敗したんだろうと思われるかもしれませんが、そんなことはないのです。
今日はそれをここにはっきり書いておこうと思いました。

何度も書いていますが、ぼくは世界を変えるサービスを創りたいと思っています。そのためにはハイレベルなクリエイターになりたい。幅広い経験と自分で何でもできる自信をつけたいと思い働いてきました。今まではどちらかというと、インフラ寄りの経験を積んできましたが、今後は開発にしろ、ディレクターにしろ、もっとサービス寄りの斬新なアウトプットのできる人間になっていきたいです。今回の転職では、そういう軸でサービス全体をコントロールできるようなポジションが得られそうな会社と職種を選んで活動しています。

転職活動を始めて、もう一つ良かったと思うのはここでブログを書き続けてきたことです。社会人になってからは更新頻度もめっきり下がってしまいましたが、学生の頃はほぼ毎日書いてましたし、結果的に正直、文章力が物凄くついたなと思うんです。同年代ではなかなか負ける気がしません。

特に人に読ませる文章というのが鍛えられたし、今の会社でも仕事の要点を掴んで文章やアウトプットにまとめるという能力について高い評価を得ることができています。そういう点が得意なので、上司からはエンジニアより経営者向きの才能があるとよく言われたりします。

転職においても、書類選考というのがあるんですが、(もちろん会社の看板だったり、職務経歴なども重要ですが)、人に読まれる内容というのを強く意識して書いていて、客観的に見ても、この内容ならそうそう落ちないだろうという自信が実はあります。事実、この半年間で10社以上応募しましたが、今のところ書類選考通過率は100%で一社も落ちていません。転職エージェントとかは書類通過率は30%程度なので20社くらいは出した方がいいとかアドバイスをもらいますが、確実に面接までたどり着くので逆にスケジュール管理が大変になってしまっています。来週なんて5社面接があって、(学生時代と違って時間調整が難しいので)一日で4社も受けたりする必要があって困ることもあります。

まあ、すいません、今お酒が入っているのでプチ自慢になってしまいましたが、何が言いたいかというと今までの人生、いろんなことやってきたけど何もかもが自分にプラスになってると思うし、今後もいろんな経験を積んで成長していきたいな、と思います。

今後とも、世の中のライフスタイルを変えるようなサービスを創りだしていきたいと考えておりますので、ぜひとも応援よろしくお願い致します

ってなんじゃ、こりゃ。

以上、面接官がブログをこっそり見た時のための自己PRでした。
次はもっと普通の出来事を書きたいと思います。

2 件のコメント

  • コメントを残す