クリエイターになりたい。

就職はよく恋愛に例えられます。タイミングや相性などなど。
ぼくは転職業界は不動産業界にも似ていると思います。

良い条件の物件、良い恋人候補、結婚相手、良い会社。
人によってそれは違うし、それが市場に出てるかどうかも運次第。
でもだからこそ、斡旋が成り立つし紹介もできたりする。
だからリクルートは全部やってんだなと最近、妙に納得しました。

今日、面接を受けた会社は面白い会社でした。
何が面白いってサービス、働いている人、会社そのものが面白いです。
ぼくが受ける会社の基準はWebで世の中にインパクトを与えることができる会社、世の中を変えていける会社ですが、この会社は非常にポテンシャルを秘めていて、すごく楽しく働けそうだというイメージが湧き、初めて本気でこの会社で働きたい!と思える会社でした。

今回の転職活動で4社程、面接を受けてきましたが、正直型にはまった想像通りの面接ばかりでぶっちゃけ受けた後、自分はこの会社に本当に入りたいのか?と疑問を感じることが多かったです。ほんとの意味で正直に楽しんで働いてる人ってそんなにいないですよ。人それぞれ、考え方やポリシーを持って働いて社会が成り立っているわけですが、楽しく世の中を変えるために全力で進んでいく、そんな場所なかなかないです。

今日の会社は全社員が自分たちのことをクリエイターと名乗っている会社です。くだらない意味のないサービスも本気で作る、それに誇りを持っているクリエイター集団です。クリエイターとは世の中にインパクトを与えるものを、自分で作れる人です。ぼくがブログを書き続けているのはクリエイターになりたかったからだったんだ、と思いました。クリエイターを仕事にしたい、クリエイターになりたい、そう思った1日でした。

ぼくがよく企画になりたいって言ってるのは自分のアイデアをサービスに反映させたいからであって、ディレクションの仕事が好きだとか得意だとかでは全然ないんですよね。ディレクターになりたいのかと言われるとそうではなく、単なるエンジニアになりたいわけでもなくクリエイターになりたいのだ、と気づきました。

いいな、この会社って思える、この状態は恋愛でいう片思い状態に近いです。結局、今日のは1次面接なので次に進めるかすらまだ分からず、内定なんてずっと先の話かもしれませんが、入りたいと思える会社に出会えてよかったなーと既に失恋の回想モードの準備すらできてます。

お金なんて別にあんまり要らないし、今住んでる場所から2時間も電車で移動しなきゃなので引っ越すかもしれないけど、それも全然構わない、それが原因で彼女と疎遠になるかも、それも仕方ない、会社に惚れてる状態です。

一方、明後日も他社で一次面接が控えているのですが、その会社はエントリーして簡単な自己紹介をした時点で、すごくいい人材なので採用フローとしてほんとは必須だけど説明会への参加や書類選考はパスで受けなくていいから、すぐに面接に来て下さい、人事部長がお相手しますと熱烈ラブコールを受けている会社です。いわば、外見で一目惚れされている状態です。

ぼくが興味を持っているWeb×農業の一つの答えを持っている会社だと思うので興味はあるし、話はとんとん拍子に進むかもしれません。仕事もたぶん、そんなにハードじゃなく割と重宝がられて、それなりに楽しく働けるのかもと思っています。

けど、ぼくはやっぱり情熱に生きる男なので好きな人(会社)と一緒になりたいです。まあ、好きな人にフラれたら、たぶん現実をとって安定した結婚を選んだりするんでしょうけれど。

まあ、そんなこんな。
ほんとは昨日からものすごく体調が悪くずっと吐き気がしていたのですが、病は気からということか今はすっかり元気になりました。久しぶりの2日連続の更新でした。

転職活動始めたときは取りあえずの2社目って思ってたけど、
たぶん次がサラリーマンとしては最後な気がします、なんとなく。