ケロケロケロッピ

いや、うちの大学なに考えてんの?
今朝も超大型の台風が九州に激突、外は大荒れに荒れていました。

んでもふつーに学校あるし・・・!

原チャは昨日学校においてたんで30分かけて歩いて学校まで行ってきましたよ!
そもそも傘とかあんまり意味がないのに、傘がひっくりかえるわ、骨は折れるはそれはもうびしょ濡れ状態でした。

学校はJRが止まらない限り絶対に休校はやらないつもりらしいです。
今日が実験以外だったら絶対さぼってるんだけど、今日は実験ですから。
例え車にはねられて入院することになって実験に出れなかったという正当な理由があろうともしても単位を出すかどうかの学科会議にかけられるほど厳しい実験ですから。

そんな今日の実験はカエルの解剖。

4人中2人が解剖でしたが当然解剖班にまわりましたw

まずは巨大な牛カエルの背中をつかみます。
そうすると意外にもカエルはおとなしくてピクリとも動かず人形みたいです。

これから実験の手順を説明しますw
1、カエルの首んことの皮をはさみで切る。
2、カエルの首にハサミを刺してそのまま首を下の皮意外切り落とす。
3、腹にハサミを通して、脳みそと脊髄に針金を刺してかき回し破壊。
4、背中から皮を持って足まで全部引き剥がす。
5、脊髄から伸びてる神経を傷つけないように膝のとこまで取り出す。

まあこんな感じなんですけど、まず2のところで大量の返り血を浴びて白衣が赤くそまりました(笑)
さらに2のとこでそれまでおとなしかったカエルがハサミを通した瞬間から急にバタバタ暴れだして
「ゲコゲコゲコ・・・・ゲコ!」
と苦しそうな叫び声を発していましたw

そんな感じで背中と足だけになったカエルちゃんは、皮もなくってまるで鶏肉でした。
今日なにも食べてなかったのでからあげにしたらおいしいかなとか思ってしまいました。

取り出した神経をなんか装置に設置して、電圧かけてエクセルに取り込み処理しました。

まあカエル程度だからいいんですけど、薬学部に行ってる友達はこの前の解剖したらしいっす。
さらに今度はの解剖もするらしいです。
こえ~。

今日は疲れました~。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。