スパムメール

スパムコメント、スパムトラックバックなどなど世の中スパムが溢れているわけですけど、最も腹立つのがスパムメールです。
それも一通や二通ならまだしも一日数十件もの迷惑メールが届きます。
スパムメールの数はおそらくヘビーなネットユーザーほど、その被害が深刻なものだと思います。
ぼくの場合、なぜかまだ前のアパートで使っていたメールアドレスが使用可能でメインで使っているのですが、だいたい一日30通くらいスパムメールが届きます。サンダーバードを使っているので、それらの大半は瞬時にスパムメールと判断されゴミ箱行きなのですが、それでもその網にかからなかったメールは手動で削除だし、目に触れるので毎日うんざりです。
しかし上には上がいるものです。

今日びのspam(晴れの日もある)
【引用始まり】 —
私のとこへくるspamは一日200通は優に超えていますよ。
【引用終わり】 —

200通は尋常じゃない数です。
メールアドレスをネット上に公開するのもかなり考え物ですね。

もはやスパムメールは非常に一般化してきており、よほどメールを使用していない人を除けば多くの人が被害に合っているものだと思われます。(ぼくはスパムメール以外でも一日30通くらいのメールがきます。)
最近の大学の授業を受けていても、「変なメールが毎日届くようになったんです。」と言った内容の雑談をする先生が増えてきました。
今日もM本先生が授業中に「私のところに毎朝バイアグラの宣伝のメールが届くんですよ。」と言っていました。

まあその場合はM本先生の年(還暦前)を考えると、あながち宣伝効果はあなどれないのかもしれないですけど、ほとんどの場合99.9%は完全に無視されるわけでスパムメールなんて一体なんのためにやるんでしょうか。
メールに限らずコメント、トラックバックでもそうです。
もう迷惑以外のなにものでもありません。
特にメールは携帯と違って簡単にメールアドレスを変えたりできないから、余計対策が取りづらく腹立たしいです。

今メールソフトの中で迷惑メール対策がダントツで優れているのは自動で迷惑メールを判断し振り分けるサンダーバードだと思いますけど、それでも迷惑メールを一旦は受信するという点において、完全にその存在を意識しないことはできません。
かといって、迷惑メールと判断されたメールの中には極まれに普通のメールが入っていたりするのでサーバー上の段階で削除されるのも考えものです。
その辺の折り合いをかねながら、完全なスパムメールブロックシステムを搭載したメールシステムが開発されれば、世の中に今ものすごく需要があるから劇的に普及すると思うんですけどね。

そのシステムのヒントとして、最近マイぷれすがスパムトラックバックの排除システムとして採用したような一度スパムと判断したものに対して以後一切受信を受け付けないという方法が有効なんじゅないかと思ってます。
一人の話ではなく、システム全体という視点で見ることによって多くの被害を未然に防ぐことができるような気がします。
メールの場合、同時送信もある程度認められるから何を基準にしてスパムとみなすかという点が一番問題で難しい点ではあるんですけどね。
悩ましい問題です。

1 個のコメント

  • [コゲンタちゃんへ]
    おうよ!
    M本っていったら宮Mしかおらんやろ(笑)
    なぜかわたしのところに毎朝送られてくるんですよねー。って言ってたよw

  • コメントを残す