セミナー&デジカメレビュー

昨日は学校でインターンシップの正しい使い方なるセミナーが開催されて参加してきました。いや、しかし、なんというか現実に即していないというか机上の空論というか全然役に立たないセミナーでした。
おそらくそう感じるのは、そのセミナーでお話をしていただいた方が主に東京の大学で文系学部生のインターンシップのお世話とかを多くしていることからくるものだと思います。
地方の大学で理工系の学生、しかも院生にとってはとても真似できないお話でした。そもそもM1ってことで一部のIT企業を除けばインターンなんて夏にほとんど終わっていますしね。
確かに日本のインターンシップは長くても2,3週間が多くて実践的なスキルや経験を積むには短すぎるという意見も分かるのですが、ぼくが参加したM化学のインターンでも「去年までは2週間やってたんだけど、それだと学生や先生からそんな時間はとれないと苦情がたくさんくるから2日間を何度もやる方針に変えた」と言っていました。理系大学にとっては2週間ですらなかなか厳しいのが現実です。ぼくも実際学会が9月にあったためほとんどのインターンシップは8月の2~3週間ということで諦めましたし。
例に出てた東京の文系大学で3ヶ月間のインターンでの成果の話をされても実質夏休みなんてあってないような理工系の学生にとっては非現実的だとしかいいようがありません。
世の中にはインターン期間中に会社の収益の8割をたたき出すようなすごいことを成し遂げた人もいるんだなーと勉強にはなりましたけどね。それを自分に活かすのは難しいかと思います。

さて、ところで昨日は学校に行く前にデジカメを交換しに行ってきました。
なぜかというと、ぼくはシルバーのデジカメを買ったはずなんですがなんと中身はレッドのデジカメだったため、交換を申し出にいってきたのです。
無事シルバーのデジカメを受け取って、今日学校から帰ってから何枚か試し撮りしてみました。

感想としましては、「あれこんなもん?」というのが正直なところです。
700万画素で手振れ補正もついているということで画質には割と期待していたんですが、思ったよりキレイに撮れていないような印象でした。
室内でしか撮ってないし、次々とレンズが出てくる5倍ズームはすごいと思うのですが、めっちゃキレイだなーと思うようなことはなかったです。
あとフラッシュがオートかナシか強制しかなくてフラッシュを使った場合の光が強すぎるんじゃないかと思いました。前のデジカメでいろいろパターンがあたのは良かったかなと思います。

あと一番気に入らないのは充電の方法です。
いちいちリチウム充電池を取り出さないといけないというのはまだ許容範囲なんですが、そのためのアダプターが大きく、何よりアダプターのコードが太い&長いでデジカメの総体積よりも大きいのが嫌です。
これだと電池の持ちがあまりよくないこのデジカメを旅行先に持っていこうとしたらこの大きなコードもいっしょに持っていかなくてはいけなくてかさばることが必至です。デジカメ選ぶ時に充電器まで見れないというのは少し甘かったところかもしれません。てかなんで携帯の充電器のようにコンパクトな充電器が実現できていないのでしょうか。ここはかなり不満点ですね。

まあ、まだ一日目なのでこれから使っていくに連れていい部分や悪い部分が見つかっていくと思うので、その時にでも総合評価はしていきたいと思います。
あんまり不便なようならオークションで売るというのも選択肢の一つです。
デザインはかなり好きで光学5倍はとってもいいから使っていくうちに愛着が出るといいんですけどね。。


オリンパス μ 750

コメントを残す