ソニー神話崩壊

【引用始まり】 — ソニーが3日発表した次世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」対応レコーダー(録画・再生機)の性能に、電機業界内で失望が広がっている。DVDディスクへの録画容量が25ギガバイト(ギガは10億)しかなく、同じBD陣営の松下電器産業が11月に発売する商品はもちろん、対立するHD-DVD規格の東芝の商品にも見劣りするためだ。次世代DVDはディスクを大容量化して、現行では不可能なハイビジョン番組を録画するのが特長だっただけに、中核技術で差をつけられた形だ。リチウムイオン電池の回収で品質面での信頼低下を招いたのに続き、期待の大型商品をめぐる技術力にも疑問符が付いた。(毎日新聞)【引用終わり】 —

毎日新聞はソニーが嫌いなようで、よく批判的な記事を書きますがメディアには一つの企業を潰すくらいの力は十分ありますからね。
こんなことばっかり書いてたらソニーにとっては致命傷になります。
実際ソニーは記事にも書かれているように、DVDレコーダー、携帯オーディオ、ゲーム機、テレビと主力製品がコケまくりで世界のソニーの解体・崩壊が囁かれている状況ですけど、ぼく的にはソニーの製品はけっこー好きだったりするんですよね。
故障率はともかく、デザインに関しては割と好きでPCの液晶とか今度買う予定のノートPCとかソニーが第一候補ですし。
なんとか挽回してソニーの底力を見せてほしいところです。

就職先としては非常にリスクのある企業になってしまったものの、まだまだ一流と呼ばれる超大手企業です。
落ち目と言われる今だからこそ、ライバルが少なくなることが予想できるのでチャンスかもしれませんね。雪印にしても三菱自動車にしても会社の立ち直りに貢献すると評価が得やすいようですし。
一昨年、三菱自動車に就職した知り合いは「人生の大博打」と銘打ってましたけど・・・。

先日の製薬会社の説明会で、製薬業界全体での売り上げよりもトヨタ自動車の方が遥かに上だという感じの話をしていました。
トヨタはやっぱすごいなと思うのですが、そのトヨタがなぜ利益を出しているかというと売れているという点以外に大量に派遣社員をやとい、下請け業者に無理を強いることによる大幅な人件費、経費削減が大きな要因となっているようで、昨今の日本の縮図なような気がします。
派遣社員を増やすことによって利益が増え景気がよくなり、格差が開いていく。上の方はいいけど、下はどうなっていくのでしょう。
こじつけですけど、こんな話を聞きました。
安部政権になってスローガンとして「美しい国」というテーマを掲げたようですが、逆から読めば「憎いし、苦痛」と読めるという皮肉です。
みみっちいチャンス政策なんかじゃなく、一見幸せに見える社会の裏で犠牲になる人たちを根本的に救う方法を考えるべきではないかと思います。

2 件のコメント

  • [グロバール化?]
    俺の会社も派遣社員が多い。
    現場の従業員は正社員:派遣社員=1:4

    しかも、派遣社員はほとんどは外国人

    安い賃金の外国人を雇う会社が増え、正社員を雇う必要性がなくなるのは現状

  • [ちなさんへ]
    ちなさんも1:4の多いほうじゃなくてよかったですね。
    派遣社員になるともう抜け出せないらしいですから・・・。あの時承諾しないで正解でしたよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。