ソフトバンクがフジテレビ筆頭株主に

【引用始まり】 —
フジテレビジョンとニッポン放送は24日、ニッポン放送が保有するフジテレビ株をソフトバンク(孫正義社長)グループの金融サービス会社であるソフトバンク・インベストメント(SBI、北尾吉孝CEO=最高経営責任者)に貸し出すと発表した。フジ株を取得して業務提携を迫るライブドアに対抗する狙いとみられる。SBIは35万3704株(発行済み株式の13.88%、議決権ベースで14.67%)のフジ株を5年間借り受け、議決権もSBIに移転した結果、SBIがフジの筆頭株主となった。
【引用終わり】 —

前にIT革命(http://www.mypress.jp/v2_writers/tenmonbu/story/?story_id=937939)という記事でソフトバンクがライブドアの替わりに、もっとうまい方法でネットとメディアの融合を果たすことになるかもしれないと冗談ぎみに書いたのですが、それが現実味を帯びてきました。
またもやライブドアが特攻隊で最前線を突破したところで、おいしいとこだけライバルに持っていかれてしまいました。

もともと堀江社長よりずっと前からメディアに関心を持っていたと言われていた孫社長です。テレビ朝日の買収に失敗したという過去もあるようです。
直接コメントはしないでしょうけど、フジテレビに興味はあったのでしょう。

孫社長と堀江社長は同じくらい有名人なのに、べらべらしゃべるかしゃべらないかというところが大きな違いですよね。
堀江社長は要らないことをいろいろしゃべって損をしてしまっています。

孫社長と堀江社長は奇しくも同じ久留米大附設高校の先輩、後輩の仲だそうです。孫社長の弟と堀江社長は中学、高校、大学の同級生だったそうです。
そんな彼らが同じ業界で凌ぎを削っているのはおもしろいですね。
もっとも、孫社長のボロ勝ちですけど。

IT革命に書かれていたことですけど、「ネットとメディアは融合していかざるを得ない」のです。
そこは間違いないのに、ライブドアはメディアの固い壁に穴を開けるだけで力尽きてしまいました。
後は強力なソフトバンク部隊が突入して代わりにやってくれることでしょう。
堀江社長がやろうとしていたことには賛成でしたけど、代わりにソフトバンクがそれをやることになったしても、やはりそれは賛成です。
まあ、ライブドアにしてみればかなり痛いでしょうけどね。

追記:
フジテレビのコメント「放送とインターネットの融合を模索していた中で、IT最大手とお互いのニーズが一致した。」
このコメントはなんかむかつきますね。
大人は汚いなあ。

PS:友達がソフトバンクの一次試験に合格したそうです。4次試験まであるそうです(笑)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。