ダメ会社の共通点

これはなかなかおもしろいです。
就職活動生は参考にできるかも。

社長の性格や人格で伸びる会社ダメな会社を見極める
【引用始まり】 — ・社長が自伝をプレゼントする会社は×
・自分の会社の話をすると興奮する社長の会社は○
・各論を話す社長の会社は○
・オペレーター型社長の会社は×
・社長車が高級外国車の会社は×【引用終わり】 —
ワンマン経営というか社長が一代で築いたような、NOVAみたいなところは危ないということですね。でもソフトバンクはこの基準だと伸びる会社だと思います。

会社訪問でチェックできるダメ会社の共通点
【引用始まり】 — ・社長室が豪華な会社は×
・豪華な新社屋を建てた会社は×
・社員に体操を強制する会社は×
・トイレの汚い会社は×
・極端に美人の受付嬢がいる会社は×【引用終わり】 —
面接に行ってトイレが微妙だと志望意欲が下がったりしましたけど、これは正しかったのかもしれません。トイレの綺麗さ、大事です。受付嬢って今は派遣を使ってる会社多いし、だいたい美人ですよね。。普通に美人と極端に美人の違いが分かりません。

会社訪問でチェックできる伸びる会社の共通点
【引用始まり】 — ・社員同士を「さん」づけで呼び合う会社は○
・社長の保有株比率が高い会社は○
・ビジョンや経営理念が社員に浸透している会社は○
・複数の価値観を持った人材を抱えている会社は○【引用終わり】 —
仮に伸びる企業の要素を持っていたとしても会社が大きくなるにつれ、その良さは失われていくものだったりするんだろーなーと思います。大企業病というやつです。

会社選びって難しいもんです。
「時価総額」で時代のトレンドを読む
【引用始まり】 — 会社の大きさを測る尺度には、売上、利益、資本金など様々なものがあるが、株式市場で用いられる「時価総額」という数字が最近注目されている。時価総額は現在の株価に発行株数を掛けることで算出される数字だが、株式市場がその企業に対してどのような評価を与えているかを知ることができる指標でもある。一般的に、市場がその会社に対して高い評価を与えているような場合、売上と比べて高い時価総額になる場合が多い。株価はその会社に見込まれる将来の利益を織り込んだ数字になるので、今後のトレンドを色濃く反映するものとなる。参考に、1989年、1999年、2005年の時価総額ランキングベスト30を表にしてみたが、まさにそれぞれの時代を反映した興味深いものになっている。【引用終わり】 —

ご参考までに。

2 件のコメント

  • [おひさです]
    トイレの綺麗度はたしかにかなり気になる点ではありますね。汚れたトイレはそれだけでその会社の品位を疑いたくなります。
    でもアンモニア臭には眠気を覚ます効果があるので、仕事中眠くなってきたらトイレに・・・という積極的運用法もあるかもしれませんね。

  • [ueno上等兵さんへ]
    うちの会社は新しい建物なだけあってめっちゃ綺麗でしたね。あれなら仕事中眠くなったら、座って寝れると思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。