デートの優先度

そーいえば先日、会社から内定式のお知らせが届きました。
内定式は10月1日、場所は東京ミッドタウンで行われるようです。
時間が10時半集合ということで午前中やるみたいです。
その後昼食を兼ねて立食パーティー形式の懇親会があり、社長も参加するそうで300人近くの内定者が一堂に集うということですごい会になりそうです。

ところで内定式のお知らせと共にアンケートが添付されていました。
アンケート自体は毎月送られてくるのですが、今月のアンケートは内定式の出席確認も兼ねており一味違う内容でした。変わった質問がいくつかあったのですが、中でも一番変だったのはデートの優先度についてです。

【引用始まり】 — 今日は気になる相手との初デート。ところが帰ろうと思った矢先、上司に仕事を頼まれた!あなたならどうしますか? 【引用終わり】 —

まるで心理テストかちょっと凝ったエントリーシートの内容みたいです。
ぼくは正直に「今日は勝負デートなので!」と話してデートに行くと答えましたが、入社する会社に提出するものだし、人によって性格が出るんだろうーなーという質問です。まじめな人ならきっと仕事を選ぶんでしょうけど、ぼくにとってデートは最優先事項です。しかも彼女ならまだしも気になる相手とのデートです。外せるわけがありません。
この質問は意図をはかりかねますけど、もしかしたら内定式で回答によってグループ分けでもされるんじゃないかと予想してみたり。少なくとも集計したデータを内定式で発表して内定者の傾向を分析されたりするのかもしれません。

最後に関係ないけど冨樫義博の脳内イメージはこんなんだそうです。
ちなみに冨樫義博と読者の脳内イメージ
おそろしいですね。

コメントを残す