ドクターのススメ

今日は先日東京で受けたS製薬の筆記試験の合格発表がありまして。
東京まで交通費4万かかってたので、受かりたかった部分もあって緊張しながら結果を待っていると、見事合格の通知がやってきました。
P化粧品の筆記が全問できたつもりだったのに落ちたことを考えると、SPIでしたけど5問くらいできなかったので、やばいかなーと思っていたんで受かってよかったです。

これで4万が無駄にならずに済んだと思ったのも束の間、次回選考は来週大阪で交通費自腹のGD(おそらく)です。
大阪でも飛行機使うとけっこーしてしまうので、今回はフェリーとか使おうかなーと考えています。フェリーだと大阪までなんと往復7000円、めっちゃ安いです。バスも1万くらいですけど、眠れないしぼくには合いませんでした。朝10時から選考なのにそんな無理したくないですし。

筆記試験でけっこー落とすのかと思っていたんですけど、ぼくが受かったし選考回数も筆記試験並みにあるので、どうやら次のGDがキーポイントのようです。受かれば最終面接なのでおそらく1グループから1人くらいしか進めないのでしょう。難関ですけど、GDは既にC製薬で経験済みだし、そのGDは通過できているので経験値ではやや有利です。S製薬、そんなに志望度高くないですけど、最終はさすがに交通費でるだろうし、ぜひぜひ実力で通過したいところですね。

ところで理系の大学生の場合、学部卒で就職するか院に進学するかという分かれ道があるのですが、研究職を志望する場合はやっぱり院に行っておかないと参加権が与えられないから院進学は必須だと思います。
さらにドクターに進むかどうかという道もありますが、一般的に言われているようにドクターは就職するには多少不利だと思います。さらに大学に残っての研究者としての道もそれ程開けた道ではありません。
友達のところでおもしろいものを見つけたので紹介してみます。

「そのうちなんとか」(東京大学広報委員会)
【引用始まり】 — 「今じゃ博士進学は自殺行為、勧誘は自殺幇助」【引用終わり】 —

まあ、よほど強い志でもない限り修士卒で就職を決めたほうが良さそうです。
みん就のS製薬の内定者日記のコメントで
【引用始まり】 — とにかく就職活動は本気でやって下さい。特に良い企業に入る為に大学にきた人、ここで頑張らないと今まで積み上げてきたものが無駄になりますよ。何の為に受験勉強して、親に高い学費を払ってもらって大学に通っているのかもう1度考えて下さい。ここが頑張り時です。【引用終わり】 —
この言葉が身にしみます。
新卒で就職できる本当に短いチャンスなのだから、精一杯がんばりたいと思います。

関連:君、採用(の~たいとる)
博士が100人いる村

コメントを残す