ドラクエⅧのいいところ

プレイ開始から10時間ほどたって仲間も揃ったところで、ドラクエⅧが今までのシリーズに比べて良くなったところ、また逆に悪くなったところを挙げてみたいと思います。ストーリーの話じゃなくてシステム等の話です。

まずは良くなったと思うところ。
装備品(武器)を移動中のキャラがちゃんと持って歩いてるところ。軽く感動しました。
戦闘中も武器はもちろん盾とか装備を変えたらちゃんと変わってるとこがいいです。かっこいいです。
あと戦闘中に敵にブーメランとかギラとか全体攻撃をした時に今までだと
15のダメージを与えた 14のダメージを与えた 13のダメージを与えた
みたいな一つ一つ表示してたのが
平均で14のダメージを与えた
と平均を計算して表示してるのがすっきりしてて気持ちがいいです。

町の中とかの会話で、間違えて同じ人に話しかけてしまった場合とかに×ボタンで会話をとばせるとこはいいですね。
あと戦闘中に同じグループの敵でもA,Bと誰を攻撃するか選べるところもいいです。

次に悪いっていうかちょっと残念だと思うのが、スカウトシステム。
ドラクエ5みたいに仲間になって戦ってくれるのかと思っていました。
まだスカウトしたことないからよくわかんないんですけどね。

あとはテンションシステムと合成システムって必要だったのかなーって思います。合成とか結局めんどいだけで組み合わせ調べてやることになるんだろーし。

他にドラクエⅧのいいところ、残念なところなんかあったらコメントくださーい。

なんか今までのシリーズでは見なかった敵モンスターが多いんだけど一番びっくりしたのはこれ。

パペットマペット野郎です(笑)
攻撃パターンが「笑える話」とか「燃える話」とか。
「笑える話」使われたんですけど、誰一人として笑いませんでしたけどね。

今お城をクリアして次の街に行くってことになったんですけど、道がないもんでちょっと不安でした。
もしお城を出てからどこに行けばいいかわからないって人がいたらコンパスのSの方向に向かって走るんだー!

あーもう今日はちょっと眠いな。
次の更新はプレイ日記2とします。

コメントを残す