ネット騒動

最近2ちゃんにしろ、ブログにしろmixiにしろインターネットの持つ影響力というものが強くなってきています。一人だけで叫んでも誰も耳を貸してはくれませんが、ネットの利用によって多くの関心を集めれば大きな波となり社会もを動かし得ます。

まずは先日の24時間テレビでの出来事。
24時間テレビのスタッフがおばあちゃんを恫喝「さわるなヴォケ!」(痛いニュース)
日テレ「24時間テレビ」マラソンでネット大騒動(zakzak)
【引用始まり】 —  27日に日本テレビ系で放送された「24時間テレビ」の100キロマラソンで、伴走の番組スタッフが沿道で応援していた女性を大声で怒鳴り、同局から注意を受けていたことが29日、分かった。一部始終が生放送され、インターネット上を中心に「恫喝(どうかつ)した」「女性に対して失礼」と非難が集中。感動のフィナーレを演出しようとした日テレも、視聴者との「絆」が崩壊、後味の悪い結果に終わった。【引用終わり】 —

視聴率も高く生放送だったということもありますが、今の時代Youtubeも手伝って動画を含めた情報が瞬く間に広がって、大きな波へとなります。

次にこのニュースです。
ドコモ子会社アルシェール解散のお知らせ
【引用始まり】 — 当該子会社は、社内ベンチャー制度により、社員のアイデアを事業化したもので、女性にとって快適なマルチメディア社会・ユビキタス社会の実現に寄与することを目的に設立されたものですが、事業環境の変化に伴い、当初想定していた規模の売上・利益の確保が困難となったことから、将来的に事業継続が困難であると判断したため、解散することといたしまた。【引用終わり】 —

普通にとらえればドコモのベンチャーが失敗したという書いてある通りのニュースなのですが、この子会社はずっと前からネット上で話題になっていました。この子会社の社員は二人でその代表は元AV女優でドコモ内の役員が不正に出資したのではないかという疑惑が広がり、そのことが今回のこの子会社の解散に繋がったという、経緯を知っていれば割とおもしろいニュースでした。

アルシェールまとめ(ドコモ子会社社長AV女優疑惑)
【引用始まり】 — NTTドコモによる96.7%出資の子会社アルシェールの代表取締役社長・大野聡子氏は、実はAV女優の涼川あんな氏と同一人物ではないか、という疑惑の最中の4月12日、突如としてアルシェールの公式ウェブサイトがメンテナンスとの理由で閉鎖された。
本人たる大野聡子氏はファッション雑誌に若手女社長として記事が掲載されると同時にテレビ番組にも出演、その一方でAV女優疑惑が各種雑誌やネット上のニュースで報道されることとなった。
それにより更なる一般大衆の注目を集める事態になっている。

しかしながら、上記のような下衆な週刊誌的未確定的うわさの範囲たる疑惑の話題の一方で、冷静な有志により大野聡子氏率いるドコモ子会社アルシェールの業務内容の不透明さが浮き彫りにされるに至っている。
更には、大野聡子氏の交友関係の中には、暴力団と関係があるのではないかと思われる方もいらっしゃる。
このような状況の中で、アルシェールが暴力団や総会屋への資金の流れをカモフラージュするフロント企業として活動しているのではないか、と疑念を抱く者も少なくないようだ。【引用終わり】 —

このようにネット上で盛り上がって、それが実社会に影響を及ぼすことがここ数年増えてきたなと思います。ネットがなければ明るみに出なかったような不正や疑惑も多くあるでしょうから、これはネットの人が集まるのが容易であるという一つの効用かもしれません。それと同時に先日のネットイナゴのように悪い一面も持っているし、一長一短ですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。