バレンタイン

時期は全く違いますがバレンタインの思い出を・・・。
それは確か中学一年の頃。

そのときの隣の席に座っていた割とかわいい子(さっちゃん)がいました。
なぜか隣の席と机をくっつける制度になっており、授業中もたわいのない話をして盛り上がっていたのです。

そして運命のバレンタインデー。
男の子はこの日妙にそわそわします。
なんの期待もしていなくても、なぜか意識してしまうのです(笑)

今年もなにもなしかーなんて思って軽く落ち込んでいると、さっちゃんが妙にそわそわしています。
ぼくまでその空気を感じてそわそわしてました。

「ねえ、ちょっといい?」

さっちゃんのただならぬ様子に気が気ではありません。

「ん?なに?」

ぼくは冷静なフリをしてました。

「あのね。」

「うん。」

さっちゃんはなかなか切り出しません。
ぼくはどきどきしてきました。

「たっくんにはいつも隣の席でお世話になってるしね、これお礼。」

「ん?」
なんてとぼけながら心はウキウキです。

「はいっ!」

チロルチョコー!

しかも一個だけ。

すごく悲しい気持ちになりました。
さっちゃんのことは別に好きなわけでもなかったけれど、チロルチョコ、しかも一個のみ。かなり時間をかけてもったいぶって渡されたのにチロルチョコ。
チロルチョコ一つ家に持って帰るのはすごく切なかったです。

でもありがと、さっちゃん。
うれしかったよ。
気持ちが大事なんだよね。

こんな話を今日家庭教師先でチロルチョコをもらって思い出しました。

コメントを残す