ピアノマン

【引用始まり】 —
今、巷をにぎわせている通称“ピアノマン”にそっくりな映画「ラヴェンダーの咲く庭で」(チャールズ・ダンス監督)が、間もなく公開される。

 同作は、イギリスの田舎町で暮らす老姉妹が、ある日、嵐の去った海岸で倒れていた青年を助け、その青年は記憶を失っているものの天才的なバイオリニストで、彼の奏でる音色に老姉妹が再び人生の輝きを取り戻していくというもの。老姉妹をイギリスの大女優ジュディ・デンチとマギー・スミスが演じ、記憶をなくしたバイオリニストの青年を、ドイツの若手俳優ダニエル・ブリュールが演じる。現実のピアノマンとは、奇しくも“イギリスの海岸で倒れていた記憶喪失の音楽家”という点が見事に符合するが、「映画とは偶然にそっくりで、宣伝していて突然の事態に驚いています。問い合わせも連日いただいていて、これを機に公開まで盛り上がってくれればと思います」(宣伝担当者)と、関係者も驚きの様子だ。「ラヴェンダーの咲く庭で」は、6月4日から公開される。

【引用終わり】 —

もしかしてピアノマンってこの映画のためのプロモーションだったんですか!?
だとしたら世界中を巻き込んだものすごい宣伝効果ですよね。
この映画の結末がどうなるのか気になりますし。

記憶喪失の天才ピアニスト・・・ピアノを弾くこと以外は何も思い出せないってそれだけ映画チックですもんね。

うーん、気になります。
ハリウッドではすでにピアノマン映画化の方向で話が進んでるらしいですしね。

コメントを残す