ブログテーマをポータルサイト風『Mesocolumn』に変更、日本語化カスタマイズしました

スポンサードリンク

ブログのテーマをMesocolumnに変更しました。
3カラムにできて、カテゴリ別に表示でき、それぞれのカテゴリの最新記事の表示を大きくできたりと、トップページがポータルサイト風になってメディア感が出る素敵なテーマです。
Mesocolumn

WordPressは世界で使われているサービスなので、単純にテーマ1つとっても開発者が多いので可能性が広がります。ただ、問題は当然テーマによっては日本語対応していないことも多いのですが、Mesocolumnは日本語化ができるようです。

こちらを参考にしました。
Mesocolumnを日本語化(Sync Design)

最後にリンクしてくれている2つのファイルを

wp-content/themes/mesocolumn/language/

に置くだけで日本語化されます。

スポンサードリンク

ただ、ファイルを置くって簡単に言っても、レンタルサーバだったらともかくawsで作っているため、Windowsのローカルからポンと置きたかったので、FTPサーバ構築しました。手順メモとしては


$ yum install vsftpd
$ vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf
下記を追加

pasv_enable=YES
pasv_address=52.69.235.113
pasv_min_port=65000
pasv_max_port=65535

$ /sbin/service vsftpd start

aws側でも22番と65000-65534番を許可しておきます。
簡単ですね、でもvsftpdはやると毎回なにかしらハマります。

他にカスタマイズしたのはフォントをOpenSansにしたのと、横幅が長すぎたので短く設定しました。
ここは追加のでCSSをテーマオプションのカスタムCSSに書くだけで反映されます。


@media only screen and (max-width: 1920px) and (min-width: 1440px){
	footer .innerwrap,
	header .innerwrap,
	#bodywrap,
	.innerwrap-custom-header,
	#main-navigation .innerwrap {
		margin: 0px auto;
		padding: 0px;
		max-width: 1100px;
		width: auto;
	}
}

他にはデフォルトだとh2タグがタダの太い文字だったので見出しっぽくしました。

こんな感じ

.post-content h2 {
	border-style: solid;
	border-color: #3366EE;
	border-width: 0 0 1px 8px;
	padding: 5px 0 5px 8px;
	font-weight: bold;
	font-size: 120%;
}

ブログのカスタマイズは楽しすぎて夜更かししてしまいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。