ペルセウス座流星群

【引用始まり】 — 夏の夜空を彩るペルセウス座流星群が13日に出現のピークを迎える。晴天に恵まれれば、1時間に30個を超す流星が見られる可能性がある。国立天文台は「13日明け方が狙い目になる。今年は13日がちょうど新月で、月明かりに邪魔されない最高の条件で観察できる」と話している。
 ペルセウス座流星群は、スイフト・タットル彗星が軌道上に残したちりが、地球の大気圏に飛び込んで光るために起こる現象だ。ペルセウス座にある「放射点」を中心にして、四方八方に飛び出すように見える。
 世界的には日本時間の13日昼が活動の最盛期になると予想されているが、その前後数日は出現が続くという。【引用終わり】 —

というわけで今日はバイトが終わってから軽く星を見てきました。
15分程アスファルトの上に寝転がって観察していたんですけど、その間に8個の流れ星を見ることができました。特に2個目の流れ星はとても光が強く、光の筋がはっきりと見える特大のものでした。

明日が一番好条件らしいのでまだ観ていない人は見てみてはどうでしょう。
流れ星が見れなくても外で星空を眺めているのは気持ちのいいもんですよ。
明後日は実家に帰る予定なので田舎で思いっきり星空を満喫したいと思います。

コメントを残す