ボーナス

社会人になればボーナスってすごくうれしいんでしょうねー。
年収の一部とは言え、どかっと入ってくるお金にワクワクしている人も多いのではないでしょうか。そんな中、証券会社のゴールドマン・サックスのボーナスは一線を画しているようです。
【引用始まり】 — 【ニューヨーク=大塚隆一】純営業収益約377億ドル(4兆4109億円)、純利益約95億ドルと過去最高の収益を上げた米証券大手ゴールドマン・サックスがボーナスを大盤振る舞いしている。

 12日に年度末の決算発表をした同社によると、社員に支給する報酬の総額も過去最高の約165億ドル。世界に約2万6500人いる社員1人当たりの支給額は平均で約62万ドル(約7300万円)になる。その大半はボーナスとして支払われるとみられる。
【引用終わり】 —

社員2万6千人もいるというのに一人当たりの平均ボーナスが7000万ってどういうことでしょう。普通の会社員の10年分の給与くらいですよ。それが一回のボーナスで支払いとはすごいです。業績がボーナスに反映する仕組みになっているんでしょうか。さすがにこれだけ払ってくれたらどれだけ激務でもがんばろうと思いますよね。
ボーナスの支給額が純利益を超えているのが気になりますが。

さらに
【引用始まり】 — ボーナスは仕事の内容や実績で大きな差がある。CNNテレビによると、最高経営責任者(CEO)クラスで2500万ドル(約29億円)程度。稼ぎ頭のトレーダーはもっと多い。ABCテレビは1億ドル(約117億円)に達する例もありそうだと報じた。【引用終わり】 —

ボーナスが100億って・・・・。
個人に支払う額の域を遥かに超えていますね・・・。
ゴールドマンの名に恥じない会社です。

10万円でもいいから、欲しいなと思うぼくの時給は730円です。
高給取りになりたいもんですね。

関連
【B・N・F】 株価はどうなる?資産120億トレーダー 意外な投資生活
【B・N・F】ライヴドア株、月曜に64円で160万株買い、水曜に85円で売却(2006.03.18)
【B・N・F】あの20億円男性ライブドア株買った! なぜ値上がり? (2006.03.14)

1 個のコメント

  • グローバル化とは弱肉強食の原始に戻ること

    グローバル化により、強いものはより強いところへ引っ張られ、弱いものはより弱いところへ引っ張られる。富の分配を新たに考えらさせる時期に来ている、と報道ステーション・金曜日コメンテーターの寺島実郎氏(日本総研会長)がいっていた。

    これはレッドソックス入りを果たした松坂の年俸が10億円であるのに対して、年収200万円クラスのワーキングプア層が増えていることを指しての警告でもある。

    誰がやってもできる単純作業は、労働賃金の安い中国やベトナムに流れる。能力のある人間は野球ならば、実力次第で日本以上に高額…

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。