マイぷれす不具合2

先日のマイぷれすの不具合についてサンドさんのブログで説明がありました。
サーバトラブル報告(マイぷれす運営日記)

【引用始まり】 —
【原因】
サーバのハードディスク破損
【引用終わり】 —

HDDのクラッシュというものはPCにあまり詳しくない人でも分かることですけど、年数に関わらずいつか必ず起こるものです。そして起こってしまったらどうしようもありません。逆に言えば、必ず起こることに対して対策をしていなかったことは責められることかもしれませんけど、それ以上の出来事ではありません。
ぼくは全面的にサンドさんやマイぷれすの信者というわけではありませんので、過剰な擁護をするつもりはありませんし嫌ならやめればいいというスタンスですが、記事のコメント欄を見ると中にはとんだ勘違い野郎もいるようで呆れてきます。

ぼくも経験がありますけど、ネットで批判的な意見(それに満たない誹謗・中傷も含む)を言う人はたいていが特定のハンドルネームを持ちません。
「通りすがり」「あ」「名無し」、今回で言えば「さらばマイぷれす!」とかです。そもそもURLやHNを残さない人の発言には、責任や重みというものが全く感じられず頭の弱い人にしか見えません。

【引用始まり】 —
誰も管理人さんを責めてるわけでなく、こんな事じゃ利用者減っちゃうよ!って警鐘を鳴らしているだけなんじゃないの?
まぁ、あきれるなら勝手に呆れてろよ。
【引用終わり】 —
今回の件で多少利用者が減ったところで誰も困らないし、むしろサーバーにかかる負担が減っていいことなんじゃないでしょうか。(きっとサンドさんも建前上は言えないでしょうけど、利用者の数にはそれほどこだわりを持っていないように感じます。)
社会では義務を果たすことによって初めて権利を得ることができますけど、義務なんてないのに権利ばかり主張する人間も困りものです。
世の中のクレーマーってみんなこんな考え方をする人なんだろーなと思いました。

とは言え今回の件で、バックアップの重要性というものは再認識しました。
画像データにはなんの未練もありませんけど、もし今回とんだのが記事データだったら泣いてましたw
マイぷれすには記事データの一括バックアップ法があるので、保存してみました。ワードにコピーしてみると、総ページ数2881ページ、総文字数133万文字、8M(テキストメモなら2.5M)という莫大なデータ量でした。3年間の重みですね。

サンドさんは一人で運営してるのによくやってる方だと思いますよ。
運営者にとって必要なのは技術だけではないところが大変ですね。

コメントを残す