マトリックス レボリューションズ

見ました!
まだ見ていないという人への配慮は一切なしで感想を書きたいと思います!

今回のよかったところはザイオンVSマシン軍団。
ネオは出てこないところだけどものすごい迫力がありました。
マシン達の数の多いこと多いこと。
スミスのコピー達の比ではありません。

息をつく暇もなく弾を打ち続けるザイオンの人々。
それも虚しくやられていったわけですが。

ぼくは映画を見ると必ず疑問が出てくるんですが今回もいくつかありました。それはぼくの理解力が乏しいのか、そんなことを気にしてはいけないところを気にしているからですが。

モーフィアスたちは天才女パイロットの操縦によってザイオンに戻ってきましたよね。それでなんか強力なビームを使ってマシンの第一陣は全滅したわけですが、その後すぐに第二陣がやってきました。
ということは・・・モーフィアス達いらねーー!
と思ってしまうわけです。
せっかく帰ってきたものの全く役にたっちゃーいません。
重要人物かどうかわかりませんが、あんなにがんばって帰ってくる必要なんかなかったんです。ゲートを開くのにも苦労したのに・・。

あとはトリニテイが死んだこと。
これはネオが死ぬことの布石でしょうか?
ネオだけ死んだらすごく悲しいエンデイングになってしまうから。
ってネオもトリニテイも死んでしまってハッピーエンデイングなのか?

確かにネオもトリニテイも生きててみんな幸せだったらありきたりなエンデイングなのかもしれません。しかし、二人が死んだという事実がぼくに与えたインパクトはあまりに薄いものでした。
エンデイングに対する感動になんの影響も与えていません。
これならハンターハンターのカイトの方が衝撃でした。

それでぼくの大予想!
マトリックス続編 「マトリックス アフター」

マトリックスのその後(数年後)が描かれているのです。
内容は
その1、ネオとトリニテイはマトリックスの中で平和に暮らしている!
その2、ザイオンは着実に再建を遂げているが、卑劣な権力争い勃発!
その3、ザイオンVSマシン王国 再び!
その4、スミス復活!

こんな感じです。
現実の世界ではいなくなった二人ですが、マトリックスの中でプログラムとして平和な家庭を築いていたのです。一方、ザイオンは戦争が終わり、町も活気づいてきましたが、モーフィアス率いる穏健派と偉そうな男率いる好戦派に分かれて権力抗争にあけくれていました。
そんな中、一度は引き上げたマシン軍団ですが再びザイオンを攻めようとする兆しを見せます。船のいくつかが攻撃を受けたのです。
モーフィアスはマトリックスの中のネオに協力を依頼しますが、ネオは拒否。偉そうな男は先手必勝でマシンシティに攻撃をしかけようとします。
そこで問題になってくるのがどうやらマシン王国を裏で操ってるのがあのスミスだということです。それを聞いたネオはさすがに立ち上がらずを得ません。

どうなるザイオン!どうなるマトリックス!

みたいな感じです。
また妄想の世界にふけってしまいました。
これなら今回の疑問もすべて次回への布石だったということで解決します。
モーフィアスはザイオンにとってまだまだ必要な人物ですし、二人がマトリックスに住んでたらおもしろいです。
ザイオンの政治の制度も今回のことで見直され役に立たない評定委員会も廃止されます。

あ、あと一つ疑問がありました。
あのフランス人はそうなったのですか?
生きてるですか?
てかなんでフランス人をあんなに強調してたのか・・。
イラク戦争でアメリカを批判しまくったから?
そんなことを考えてしまいました。

マトリックスさいこーーー。

コメントを残す