リーマンブラザーズ

リーマンブラザーズって最初聞いたときは「サラリーマンの兄弟達?」とか思いましたけど、なんか外国の大きな証券会社みたいなものらしいです。
今朝、みのもんたのがやってるニュース番組を見ていたら興味深い話をしていました。

ライブドアが800億用意したのは、このリーマンブラザーズに貸してもらったお金らしいです。
もちろんただで貸してもらったわけではなく、代わりにライブドアの株を渡したようです。

しかし、このリーマンブラザーズは非常にしたたかな会社でライブドアをハメて食いモノにしようとしているのです。
お金を株と引き換えに貸した時に契約を交わしているのです。
株というものは上がったり下がったりして価値が不安定なために、リーマンブラザーズはリスクを負ってしまうことになります。
これを回避するために、万が一株価が下がった場合はライブドアがさらにリーマンブラザーズに株を渡して損失を埋めますよという契約らしいです。

現金を渡すリーマンブラザーズとしては当然の保証かもしれませんが、これを利用したのです。
ライブドアに800億、株と引き換えに渡してライブドアが日本放送の株を買ったあの日にです。
あの日に大量にライブドアの株を売ったのです。
当時ライブドアの株は400円台後半だったような記憶がありますけど、その影響で株価はあの日からずーーと下がり続けて今は300円台前半です。
株価が下がったのでライブドアはその分をリーマンブラザーズに渡すことによって損失を補償します。株価が下がれば下がるほどライブドアにとっては痛いし、リーマンブラザーズは得をします。
リーマンブラザーズはもらった株を売って、さらに株をもらっている状態なのです。
株価が下がるほど、株をもらえるので株価を下げようとしているのです。株を売れば単純に利益になるし、売った株を市場が消化できなければ株価はさらに下がり、保障もされるというループになっているのです。
株価は今後180円くらいまで下がると予想されています。
(下限転換価額というのが174円らしい)

ライブドアとしては日本放送を支配できるかどうかもまだわからない。
支配してもフジテレビまで影響力が出るかどうかも今のままじゃ難しそうです。
さらに成功しても、それが利益に繋がるのかどうかも不透明。
一か八かの大勝負です。

しかし、リーマンブラザーズとしてはライブドアがどうなろうと確実に大儲けができてしまいます。
ノーリスクでハイリターンです。
どうも外国の大物に踊らされてしまっている感が否めない状況のようです。

そんな話をしていたんですが、ぼくの理解した感じでまとめると上記した感じです。
なんか難しかったんで間違えている可能性も大ですけど、もし違っていたら視聴者に分かり易く伝えれなかったみのもんたのニュース番組が悪かったんだと思ってください(笑)

大人の世界は難しいですけど、おもしろいし恐いですね。
リーマンブラザーズはどんどんライブドアの株を保有することになりますが、ライブドアの株がそれだけ発行されているということになります。
つまりライブドア全体の株数に対するリーマンブラザーズの保有する株の比率が上昇し続けます。
そして一定のパーセンテージを超えたところで
三木谷社長「今朝、リーマンブラザーズからライブドアの株を買い取り現在楽天グループ全体でライブドアの株の35%を保有しています。」
とか発表して楽天の傘下に入ったらすごくおもしろいですね(笑)
実は最初から、フジテレビと日本放送を傘下にしたライブドアを傘下にするつもりだったという裏で操っていた大物がいないとも限りませんよね。

果たしてライブドアの行く末はどうなるのでしょうか。

関連記事:ライブドアが日本放送株の35%を取得

2 件のコメント

  • [初めまして]
    非常に分かりやすい説明だったので、
    自分のHPにこのページのリンクを張りたいと思っているのですが、ご都合悪いでしょうか?

  • [初めまして]
    ご都合悪くないですよー!
    むしろ貼っていただけるなら、うれしいです。
    がんがん貼ってやってください。
    リンクフリーです。

  • コメントを残す