レポート

【引用始まり】 —
日本付近にある前線を伴った低気圧に南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気が不安定な状態になった影響で、九州から東海、甲信地方で大雨の恐れがあるとして、気象庁は16日夕、土砂災害や浸水、河川の増水への注意を呼び掛けた。
 同庁の観測では16日、雨は西日本を中心に強く降っており、次第に東日本に広がる見込み。中国から東海、甲信地方にかけては、17日昼ごろにかけて大雨の恐れがある。
 17日夕方までの24時間に予想される雨量は、九州北部、中国、近畿、東海、北陸、甲信で100-150ミリ。
 局地的に雷を伴い、1時間に30から40ミリの激しい雨が降る恐れがある。(共同通信)
【引用終わり】 —

そんなわけでかなり大雨ですよ。
片時も止みそうな感じはしません。

しかしぼくにはやらなくてはいけない使命があるのです。
雨が降っているからといって諦めたりはできないのです。

そうです。
レポートが完成しました。
実に3日間もの間書き続けてやっと完成です。
総枚数12枚。
達成感でいっぱいですよ。

提出期限は明日の朝の8時50分なのですが、できれば今日中に出してしまいたいと思い学校に行くことにしたのです。
傘をさして歩いて行こうかとも思いましたが、たかがレポートを出すだけのために往復1時間はかなりきついと思い、濡れるのを覚悟して原チャで学校に向かいました。

もうかなりの雨が降っていて学校に着く頃にはもうびしょぬれ。
原付の長い歴史の中でもMAXに濡れました。
歴代1位の濡れっぷりです。
ぼくは着ていた服を脱ぎ捨て、Tシャツ一枚で震えながら研究棟に向かいました。なにしろ年中無休24時間営業不夜城と呼ばれる研究棟です。

日曜だからといってしまっているわけがありません。
しかし、この研究棟にはちょっとした仕掛けがありまして・・・。
たぶん休みの日限定ですがIDカードがなければ入れない。

そうかもしれないとは思いながらも、研究棟に近づくと運良く中から人が出てきたではありませんか!
中から外に出るのは自動ドアが作動するのです。

ぼくは何食わぬ顔で中から出てくる人とすれ違いに中に侵入することに成功しました。

第一関門突破!

これがセキュリティーがちゃんとしているはずのマンションが空き巣の被害が多い理由なのです!

んなわけでぼくはエレベーターを使って最上階まで昇りました。
そして事前に聞いておいたレポート提出ボックスを探し始めました。

ない。

ない。

レポートボックスがないー!!

やられました。
せっかくここまでかなり苦労してやってきたのにそこにあるはずのものがありません。たまに学生らしき人が通りますけどレポートを預けれるような信用のできる人もいません。
そのままドアの前に置き去りにしていこうかとも思いましたけれど、そんなハイリスクなことは今回に限ってできるはずもありません。

ぼくはそのまま10分ほど呆然と立ち尽くしていました。

ああ、明日出しにこないといけないのか。

朝の8時50分。
即ち1限の始まる前。
明日は1限ないのになあ。。

しかも天気予報によると明日も

朝早く起きて雨の中遅れるわけにはいかないからまた原チャで来ないといけないのかあ。

しかも諮問は水曜の1限だけど、水曜もらしいじゃん。

今週は今週でラットの解剖実験とかあるし、そのレポートの提出期限は金曜だし予習もしないといけなくってなにかと忙しいのに・・。
なんだこの仕打ちは!!

仕方なく飽きらめてエレベータで下に下りて、自動ドアをあけました。

誰かがものすごい勢いで走ってきました。

ぼくは普通に出ましたが、彼は閉まってしまったドアを無理やり手で開けようとしていましたが時既に遅し。
彼は少ないチャンスを物にできなかったようです。

コメントを残す