ワサビとWBCと特許

昨日は会社の送迎会がありました。
4平方cmくらいのワサビを抹茶アイスだと言って食べさせられるわ、上司(♂)とキスさせられるわ、先輩は脱ぎだすわ、うちのチームだけノリが完全に体育会系でした。帰りの電車ではワサビ(とキス)の味を思い出す度に気持ち悪くなり、3回も途中下車して家に帰るまで2時間もかかりました。

朝はさすがに午前休取ろうか迷ったんですけど、思ったよりきつくなかったので通常通り通勤しました。
今日は朝からWBC(によるサーバの負荷)がすごかったですね。
会社でもなぜかあちらこちらで歓喜(と悲鳴)が沸き上がっていまいた。
2chのサーバも落ちてましたし。
イチローみたいに、ここぞという場面で力を発揮できるのが真のヒーローです。

2009.3.24 WBC決勝 10回表 イチロー、値千金の決勝タイムリー(YouTube)

ところで(現在サービス化へ向けた準備をしている最中の)社内コンペで優勝した事業についてですが、法務部の方から連絡がありましてアイディアに対する特許申請を進めたいという旨の連絡がありました。法務部が調査したところ、まだ世の中に類似したサービスは存在せず特許出願が可能だということで、サービスを出すといういうのはこういうことなんだなーと思いました。ここでも迂闊にヒントになるようなことは言えませんね。それと同時に会社で作ったものは会社のものであるという当たり前のことを実感するのでありました。特許を申請すると、ささやかな特別ボーナスが出るとか出ないとかいう噂です。

いつかは会社に属さない自分だけのアイデアで世界を圧巻したいものです。
たまにリアルで飲んだりしてる当ブログのある読者にこの前

「自分の身近な人で唯一、たくやんさんだけが金の匂いがする男です。」

と言われました。
実際は同期で一番金のない男なんですけどね。
大穴狙いでお願いします。

コメントを残す