三菱UFJ銀、来春の採用大幅増

【引用始まり】 —
三菱東京UFJ銀行は8日、2007年春の新卒採用者を06年比3・2倍の2000人規模とする方針を明らかにした。
 大手銀行では、みずほフィナンシャルグループが2350人、三井住友銀行が1100人を採用する計画を明らかにしており、金融業界はバブル期以来の「採用合戦」を繰り広げることになりそうだ。

~中略~

金融グループ以外の大手企業でも、電機や自動車、運輸などの企業を中心に07年春の新卒採用を大幅に増やす動きが広がっている。景気回復を背景に業績が大幅改善していることや、団塊世代が定年退職期を迎える「2007年問題」をにらみ、今後も採用枠を拡大する動きは幅広い業界に広がりそうだ。
(読売新聞)
【引用終わり】 —

ふむふむ、これはいい傾向ですな。
景気回復傾向と団塊の世代問題でここ1、2年がピークだといわれていますけどぼくらの世代は就職なんて楽勝だったぜと言えるようなことになったらいいなあ。
けどどんなに全体的に採用人数が増えても研究職というのは若干名しか採用しない傾向があるようなので厳しいかもしれないですね。
ぼくは最近おもしろい仕事なら研究職にこだわる必要はないと思っているんですけど。

就職は自分のキャリアになるんで、成長できる環境、豊富な収入、やりがいのある仕事がいいですね。
やっぱり実験室で研究してるのと、証券会社で働いているのとじゃ将来像が全然違いますからね。
就職活動の業界ってのは悩みどころです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。