事業計画書を作りました。

ぼくはいつになくヤル気なんですよ。本気なんですよ。

少し時間をかけて考えているビジネスプランについてちゃんとした事業計画書を作りました。
サービスコンセプト、エグゼクティブサマリ、マーケット分析、集客計画、資金計画。

起業してWEBサービスで10万ユーザー獲得までの半年で行った7つの事を参考にしてビジネスプランを立ててみたのです。ただ、当然細かい数字とかはまだアバウトだったりするので、入念に練ったものではないのですが、これからのプラン推進の羅針盤となる計画書です。こういうのは会社だったら社内の決済者向けに、ベンチャーだったら投資家向けに作ったりするものなのかもしれないですが、今回は特に誰か外部の人のためにというわけでもありません。

でもすげー楽しいんですよね。前の会社で企画コンテストに向けて企画作ってた時もそうですが、ぼくは0から企画を組み立てるのが本当に好きなんですね。なぜ楽しいかというと、自分の中ではこの企画は成功しか見えてないんです。考えれば考える程、うまく行く気がしています。基本、ポジティブ思考なのも要因ですが、既に成功までの道筋が見えているのでワクワクが止まらないわけです。誰かにやらされてるわけじゃない、主体性から生まれる楽しさってこういうことだなと思います。0から考えると何の制約もないし、自由ですしね。

とは言え、まだ完全に妄想の世界なので3月にはベータ版をリリースできるように着実に進めていきたいと思います。

今回のプランは以下を全部満たしてるんですよね。
そのアイデアが起業に値すべきものかどうかのチェックリスト

創業者がその商品もしくはサービスを欲しいと思っている。
創業者がその商品もしくはサービスを作ることができる。
他の人の多くが、その商品もしくはサービスの価値にまだ気づいていない。
小数の人でいいから「今すぐ欲しい!」と思っている。たとえそれが半完成品でも。
未来から逆算して考えると「あー、たしかにそうだよね」と納得できる。
そのアイデアは「こういうのあるといいよねー」じゃなくて、「この問題を解決するよね」から発想されている。

まぁ、どんなプランかというのはここでは絶対明かさないわけですが!

2 件のコメント

  • コメントを残す