人生いろいろ、面接も…

いやー今日はしんどかったです。
前日5時に寝て、今日は7時起きの寝不足で風邪気味だわ、舌に口内炎ができて痛いだわ、雨だわでコンディションはかなりバッドでしたが、午前中から福岡に説明会を受けにいってきました。
福岡支店だったんですけど、雰囲気暗いし人事は笑顔ナッシングで早口でパンフレット1時間読んでるし、終わってからは「選考に参加する人は今から面接やりますんで残ってください」って面接が始まっちゃいました。

いや、しかしこれがひどかった。
なんつーか、もう就職活動やめたくなるような内容でした。
まず最初に「いろいろ会社受けてるみたいだけど、あなたが企業を選択する基準はなんですか?」という質問から始まりました。
ある程度考えていたことを言ったら、すかさず「それはなぜですか?」「どうしてそう思う?」の連続でした。

あげくの果てには

「うちの会社が成果を出した社員をどのように評価してるか知っていますか?」

(そんなの知るか)

「知らないんだったら、なんでさっきの説明会でそれを聞かなかったんですか?」

(待遇面に関わるようなこと聞けるか)

「知らないことを聞くのが説明会でしょ?説明会受ける前に会社のこと徹底的にに調べて分からないことは全部聞こうという姿勢が礼儀じゃないの?」

なんでこの人、面接でキレてるんだろうという感じでした。
おっしゃってることはごもっともなんですけど、これが採用活動をする会社の代表の態度かと思うと、この会社のことが大嫌いになりました。
もう一人の面接官で受けた人も「この会社が第一志望っていうんなら、当然徹底的に調べてるはずだよね?ちょっと3分間でこの会社のこと説明してみてよ」とか態度が恐かったと話していましたから、これがこの会社の採用方針なんでしょう。説明から面接まで笑顔を一度も見せず、表情をピクリとも変えず「ありがとうございました」を一切言わない会社を初めて見ました。

まあ、ぼくにも落ち度は多分にあったし、きついこと言われてうまく切り返せない自分の無能さを突きつけられた感じでした。こんなん突破しないと就職できないなんて、もう無理な気さえしてきます。今回はかなり凹みました。
面接は4回目ですけど、全然成長してない気もしますし。。
とりあえずこの会社の商品は二度と買わないと誓った午前中でした。
ちなみにこの会社は中堅製薬会社Kです。

そして午後からは食品会社Mの福岡支店へ行きました。
この会社は素晴らしいですね。
採用の雰囲気がまるで違います。
ビジョンや理念もしっかりしてるし、人事もいい人そうだし、雰囲気が明るいです。午前中は8人参加でしたけど、午後は50人の参加です。採用に対する積極性が違います。その年の採用活動によって10年後の会社の様子が決まるということを企業の採用担当者は念頭に置くべきですよ。

さてM社は集団面接でした。
この内容がまた午前中のK社と正反対の面接でした。
誰が何を言っても「ああ、ああ、なるほどなるほど(笑)」と目が笑ってない笑顔全開で、少しメモして何一つ突っ込まないんです。
こっちは聞かれたお題に対して一方的に答えるだけで、全くキャッチボールではありませんでした。剛速球が返ってくるよりはマシかもしれませんけど、これはこれで暖簾に腕押しというという感じで、手ごたえとか感じることはできませんでした。誰のどの答えに対しても同じリアクションなんですもん。

しかも困ったことに去年まではオーソドックスな志望動機、やりたいこと、自己PRだったらしいのに今年は全く質問の系統が違いました。
まずいきなり

「企業を選ぶ基準はなにか」

またかと思いましたけど、午前中と同じようなことを言ったら「なるほどなるほど、じゃあ次の人」とレスポンスなしです。

続いて

「あなたにとって誠意とはなにか?」
「あなたが今までさぼってきた、手を抜いてきたことはなにか?」
「あなたをモノに例えると?」
「あなたの夢を語ってください」

と超変化球攻めで、かなり困りました。
こういうところで臨機応変に機転の利いたこと言えないぼくは頭悪いなーと思いますね。とりえずいくつかストックしている自己PRをアレンジして繋げるくらいしかできませんもん。

面接時間はほんの20分くらいであっさり終わったんですけど、どういう基準で選考するのか全く不明です。受かったとか落ちたとか確信がない状態で受かったことがないので、落ちてる可能性は高い気がします。
この会社は商品も大好きだし、自分の専攻ともばっちりマッチしてるし、すごく楽しく働けそうなので、志望度はかなり高かったんですけど、ここであえなく敗退する可能性も否めません。

総合的に今日はクタクタですよ。
もう就職というハードルの高さに、疲れきったよパトラッシュ、という感じです。もう何もかも捨てて違う世界でのんびり暮らせたらとか妄想しちゃいます。就職活動、つらいっす。
そうは言っても続けないといけないわけで・・・。
明後日は大分の某お酒工場の見学に行ってきます。
大分で就職なんて嫌だと思ってたけど、優良企業だしのんびり暮らすのも悪くないかなと思ったりする今日この頃です。ボーナス3回出るしね。。

今日はほんと参りました。

4 件のコメント

  • [お疲れ様]
    前のは「圧迫面接」ってやつかと・・・ストレス耐性をはかるために「何故?」って質問繰り返したり、ありえないって思うような質問を繰り返したり・・・営業職とかだとありがちだけど、理系でもあるんかな。。面接官もホントはそんなことやりたくないけどって感じで。

    知ってたならごめんよm(__)m知らんかったなら、そういうもんだと割り切ってた方が気が楽だし、面接の時も構えて臨めるから◎

    ただ、「圧迫」する企業にはそういう仕事が待ってるような気がしてならないけど・・・。

    とにもかくにも、落ち込まずにってことで。健闘を祈る!

  • [らふさんへ]
    やっぱり圧迫だったんかなあ。
    人によっては普通の面接でも圧迫に感じる人もいるからって言うから、基準がよくわからんのよねー。
    聞かれてることも自分の考えについてよく考えていなかったし、上っ面のいいことばかり確かに言ってたような気もするし。企業研究もほとんどしてなかったから、そこら辺見抜かれたんだろうなーとは思うよ。
    めっちゃ恐かったから、もう圧迫なんてごめんだ・・w

    でもやっぱ落ち込むー!
    ストレス体制なさすぎ(笑)

  • [IKOANさんへ]
    ほんとびっくりしましたよ!
    やっぱ毎年同じ質問だと用意した答えなんてもう聞きたくないって感じなんですかね?
    あれで評価してるポイントがよくわかりませんでした・・・。せめて本社くらいには行きたいんですけどねー。。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。