今後の予定

昨日、沖縄から帰ってきました。3月に入ってから2週間近くずっと旅行の連続だったため、やっと落ち着いたわけですが一週間後に引っ越しという重大イベントが待っています。それまでに実家に帰っていろいろやらなければいけないこともあり、まだ何の準備もしていないので、けっこー忙しいです。とりあえず今日はずっとやらねばと思っていた、会社の事前研修をこなしました。研修って名前ですけど、実際はWebテストで人事が内定式で「事前準備なしで合格できるほど簡単なものじゃありません」とか言ってたのでしっかり準備しとかないとなーとか思っていたのに、気づけば今日が締め切りの日だったので完全に無勉強で挑みました。けど、ただの知識を問う問題が中心でぶっちゃけ簡単だったので余裕で合格でした。まあ、不合格だったからといってペナルティーもないらしいですけどね。解いてて思ったのは、ぼくは自社の製品をあんまり使っていないので、自社独自のツールの機能のアイコンの名前とか完全に知らないというのが多いということです。同じ機能を持つ他社の製品での名前なら知ってるんですけどね・・・。

そんなずっと気にかかっていた研修も無事終わり、今日からは部屋の整理です。とりあえず今日は、服を整理しました。東京に持って行くものと持って行かないものに分けて、持って行くものを全てクリーニングに出したところ30点、合計1万1千円もクリーニング代でかかってしまいました。うーん、運ぶのも大変だったし、ちょっと引く額ですね。けど、同時に家にあるプレステのゲームソフトとゲームキューブ本体とソフトを中古ゲーム屋さんに持っていたところ、合計で1万1千円で売ることができトータルではぴったりプラマイ0でした。意外だったのがゲームキューブ本体は人気がないから1000円しか出せないと言われたのに、ゲームキューブのコントローラーもWiiで使えるから人気があるという理由で1000円だったということです。ゲームキューブ本体は14000円で買って、コントローラーは2500円で買ったのに、これも市場原理ですか。

それで後やらないといけないのは、冷蔵庫とソファーをリサイクルショップに引き取ってもらうことだったんですけど、ここにきて親がソファーを売るのはもったいないから実家に持って帰ると言い出しました。もったいないって、持って帰ったって置く場所なんてないくせに、変なところでケチくさいです。そのくせ、テレビはもう古いから買い換えたほうがいんじゃないのと何度もいってきます。テレビこそ、液晶とかだと高いし、まだ使えるし、そんなに必要ともしていないので、今買い換えるなんてもったいないから持って行くと何度も言ってるんですけどね。そんな話を研修のWebテストで忙しかった午前中に電話してきて、なかなか出なかったので寝てると思ったらしく「いいかげん、起きたら?」とか言われるとなんだかカチンときてしまいます。引っ越しの準備だって、時間ないのは分かってるけど、これまでにやれる暇があったかというと全然なかったわけですよ。これでも計画通りキチンとこなしてるんですけど、まあ忙しさのほぼ全てが遊びだったので何も言えません。

というわけで今後の予定としては

16日・・・クリーニング引き取り、引っ越し準備(リサイクルショップ)
17日・・・引っ越し準備(荷造り)、原付廃車手続き
18日・・・実家(住民票手続き)
19日・・・実家(母方祖父母宅へ)
20日・・・福岡から大分へ荷物の一部移動
21日・・・引っ越し(荷物のみ)、飲み会
22日・・・大学の同窓会
23日・・・研究室の飲み会
24日・・・特になし
25日・・・卒業式、謝恩会
26日・・・東京へ

という感じでハードです。果たして大の苦手な荷造りは終わるのだろうか、というか引っ越しやさんが段ボールを持ってくるといってから早2週間がたち、だんだんイライラしてきました。いいかげん持ってきてくれないと何もできません。そして引っ越しが終わった後、ぼくは宿を失うわけですがそこから5日間、住むところがないという事実。実家に帰る予定だったけど、飲み会が続くので帰る暇もないという過酷さ。24日の予定が特にないというのも微妙すぎて辛いです。5日間の着替えや卒業式でのスーツも残しておかないといけないし、そのまま東京にいくこととか考えるとそのハードさを想像するだけで疲れます。実は東京に行っても、26日は布団はおろか電気ガス水道がない上に、部屋に入れるかも怪しいのです。27日にはなんとかしたいけど、もう1月から家賃は払っているのにというのがなんだか悲しい。

そーいえば、もう東京に10日後に行くのでそろそろ飛行機の予約とってもいいですね。今回は実費で全額費用が出るみたいなので、ANAの普通運賃(片道3万)で行ってやろうかと思っています。全額出るといっても、会社から後日振り込みなので一旦はぼくが支払うことになるので、それはそれでしんどいんですけどね。

ぼくはこの部屋に2年前に引っ越してきて、それまでの反省点を活かして部屋に極力物は置かないというコンセプトですっきり見せる努力をしてきたのですが、引っ越しをするにあたって、ぼくの部屋を知っている人に必ずといっていいほど「部屋に物がないから引っ越し楽でいいよね。」的な感じのことを言われます。いや、それはコンセプトが成功しているということで喜んでいいはずなのですが、なんでしょう、「物がない」のではなく「物を置いていない」のだということが分かっているのかなー、とひねくれもののぼくは思ってしまいます。たまたまないのではなく、けっこー努力した上ですっきり空間が成り立っていることなんですけど、そこら辺の違いが伝わるでしょうか。例えるなら、太りやすい体質の人が努力して体型を維持しているのと、太りにくい体質で生まれつき痩せ型の人がいて「お前は(どうせ)痩せてるから、いいよな。」的なことを言われても、受け取り方は違うよ、みたいな、まあどうでもいい話でした。

全体的に超個人的などうでもいい話ですけど、果たしてこの手の日記ジャンルには需要があるのでしょうか。まあ、ぼくが書きたい気分だったので書いてすっきりする、それでいいのかもしれません。では、ごきげんよう。(マコタンヌ風に)

コメントを残す