信じること。

ぼくは宗教の類が大っ嫌いで理解できない人間です。
でも人は弱い存在であり、何かを信じることで強くなれます。

それは恋人だったり、友達だったり、家族だったり。
音楽だったり、本だったり、ヨガだったりするかもしれません。

人は信じるものを失ったり、信じるものに裏切られたと感じたときに強い喪失感と虚無感を味わいます。
だから、人は絶対に裏切らない永遠の存在である神という幻想を抱き信じるのかもしれないなと思いました。

もっと強くなりたい。
けれど、本質的に弱くて寂しいから求め依存するのです。

信じたくない、だけど信じたい。
信じられない、だけど信じる。

見たこともない神様を信じるより、そこに在る愛を伝えられる、そんな親になりたいです。

関連:依存すること。
関連:依存しないこと。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。