働いてはいけないIT企業

働いてみたいIT企業ランキング
【引用始まり】 — エンジニアが求める転職のあり方とはどのようなものであり、転職先としてどのような企業を志望しているのか。今回、日経HRではITエンジニアを対象にアンケート調査を実施した。【引用終わり】 —

エンジニアの持つIT企業へのイメージのアンケートですが、この記事に対して次のようなエントリが書かれていました。

働いてはいけないIT企業(FIFTH EDITION)
人気のある企業の経営体制が必ずしも良いわけではないという警告を発しています。松下、ソニー、東芝、NEC、富士通、楽天、日立とほとんど日本を代表するIT企業だめじゃんという感じですが、いずれも総資産利益率が低すぎて経営状況に健全性がないということです。

しかし、IT業界は他の業界とは違い自分にスキルさえあれば転職が容易であり転職することを前提としていれば企業の健全性はあまり重要ではないという考え方もあるようです。
投資するべきではない!=働いてはいけない(404 Blog Not Found)
なるほどとも思いますが、個人レベルでは大丈夫だと言っても会社が潰れる可能性は否定できないので潰れたらショックはショックだと思います。特にソニーはやばいんじゃないかと最近よく思います。

世界のソニーをダメにした男(新橋系)

ぼくもそろそろ就職活動の時期ですから、業界選び、会社選びは慎重にならないといけないのですが、ほんと難しいですよね。
一体誰が10年前にソニーの経営がやばくなるだとか思ったでしょうか。
現時点で一流と呼ばれる企業が10年後に一流でいる保証はどこにもありません。今がピークでは意味がないのです。そんなことは誰しも分かっていることですが、だからとって10年後、20年後に花開く企業が分かるかと言われると誰にも分からないから難しいのです。

ぼくが就職を希望している業界は食品化学製薬系の製造業的な方面か、はてなmixiなどのインターネット新興勢力系に分かれます。
前者は現在大手で一流と言われる企業を中心に、後者はここ数年の間にできた会社ばかりです。先日mixiが上場し、破格の株価をつけましたがこれはmixiの将来性に対する期待度の高さが反映されているということだと思います。しかし、mixiはまだ始まったばかりの会社で利益を出せる収益性にまだまだ不安の残る企業です。とりあえずエントリーはいろいろ出してみるつもりですけど、今後直面する問題としては業務内容が大きく異なり、キャリアプランも全く違う後戻りのできない選択肢に悩むことだろうなと思っています。

大手製薬系の内定を蹴ってSEになった友達や、大手エンジニアリング会社の内定を蹴ってパイロットになった先輩など、身近なところでも進路について悩んでいた人たちを見ると優柔不断な自分は大変だろうなと思わずには居られません。

コメントを残す