共済保険

早くも学校に置いていたノートPCが水没してから一週間以上が経ちました。
電源は時々入るものの、キーボード関連が完全に壊れていてまともに使えない状態です。学校で自分のPCがないと実験以外でやれることが限られてしまって、あんまり学校に行く気分にならないと、先生が出張中なのに便乗してさぼりまくっています。いや、でもほんと学校でレポートもPPTも作れないって問題ですよ。

このままでいるわけにもいかないのでどうにかならないかと考えてみました。
まずは先生に修理代を保証してもらおうかと思ったのですが、先生曰く自己責任らしくてだめなようです。
確かに私物のPCを机の上に置きっぱなしだったことは自分の責任かもしれませんけど、窓を開けっぱなしにしたのは自分じゃないのに・・・。
そこで生協のPCの保証は切れているものの、生協の共済保険に加入しているのでそれでどうにかならないか生協に尋ねてみました。

状況を説明して書類にいろいろ書いて、これは保険が下りるのかと思ってウキウキしていたんですけど、最後にこれが研究室内で起きた出来事だと告げたところ「だめだめだめ、これは自宅で起きたことに対する保険だから」と拒否られてしまいました。
学校で起きたことがだめだと知っていたら家ってことにしたのに・・・。
25万の損害です。。
いや、もしそれがウソだとばれたら保険詐欺なんですけどね・・・。

どこも保証してくれないってことでこれはもう有料なのを覚悟して修理するか、新しいノートPCを買うかしかありません。
生協PCの唯一の良いところは手厚い保証だったわけですけど、保証期間が切れているためもう今までのように壊れた場合の保証をしてくれません。
去年壊れた先輩の例を見てみると、どれくらいかかるかという見積もりだけでも6000円くらいかかるようです。ばかばかしいことこの上ないですけど、トータル2~3万で済むならその方がいいかなあと思います。
メインのPCはこの家のPCであって、取り立てて新しいノートPCが欲しいだなんて全く思ってませんしね。
卒業までは持たせるつもりだったのに凹みます。。
新しいノートPCだったらスペックよりも軽量性を重視したいのですけど、15万~20万は必要ですもんね・・・。厳しいです。

そうそう、生協で共済保険について勉強しなさいってことで共済ガイドブックなるものをもらったのですけど、読んでるとなかなかおもしろいです。
過去にどのような場合について共済保険が下りたかという事例があってある程度の目安になります。
ある程度、なんですけど正直基準が分からない事例もたくさんありました。

【引用始まり】 —
自転車事故
自転車走行中、携帯電話に気を取られ交差点で相手自転車と接触
9,526,846円支払い
【引用終わり】 —
いやいや、相手どれだけ大怪我したんって感じです。
1000万近く支払われています。
自転車同士なのに。

他にも
【引用始まり】 —
歩行中、駅改札を抜けた後に、不注意で相手に衝突
320,000万円支払い
【引用終わり】 —
駅改札とかこじつけやん!って感じです。
歩いてらぶつかったって相手やくざかよ。

そのくせ
【引用始まり】 —
事業中、答案用紙を取りにいくときすれ違った友人にぶつかり眼鏡を破損。
14,700円支払い
【引用終わり】 —
意外にシビアな一面もあります。
友人価格。

あとは番外編で
【引用始まり】 —
車を運転中、運転をあやまって橋のらんかんに激突
2,942,830円給付
階段を足で踏み外し転落
1,334,170円給付
釣りをしていて高波にさらわれた
2,291,530円
【引用終わり】 —
などなど、けっこーいろんなパターンで簡単に高額の保険が下りるんだなーと思ったんですけど、ひとくちメモに注意書きがありました。

【引用始まり】 —
死亡診断書又は死体検案書がお手元にあったらコピーでけっこうですので保管しておいてください。共済期間外の死亡は支払いできません。
【引用終わり】 —

あー・・・全部加入者が死亡した場合なんですね。
洒落になりません。

【引用始まり】 —
仕事をしている最中にがけから転落
2,314,550円給付
【引用終わり】 —
どんな大学生やねん!

卒業までに共済一回は下ろしたいもんですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。